Microsoft、WebsiteSparkをスタート―Visual Studio 2008始めウェブ開発ツールキットを無料提供

次の記事

Pretweeting:Twitter上で流行しそうな単語に「投資」する仮想証券取引ゲーム

Picture 13

今日(米国時間9/24)、MicrosoftはWebsiteSparkという新プログラムをスタートさせた。これはウェブ開発者、デザイナーにMicrosoftの開発ツール、アプリケーション、サーバ・ライセンス一式を3年間無料で提供するというものだ。これはMicrosoftのツール開発者コミュニティーにツールを無料提供するSparkプログラムの3種類目だ。これまでにスタートアップ企業向けのBizSpark、学生向けのDreamSparkが提供されている。

今日発表されたWebsiteSparkプログラムに参加する個人ないし企業は、向こう3年間にわたって無料でVisual Studio 2008、ExpressionStudio、Expression Web、Windows Web Server、SQL Server、DotNetPanelのライセンスが受けられる。参加資格は業務として他人(顧客)のためにウェブアプリないしウェブサイトの開発を行っており、従業員数が10人まで(オーナーを含む)というものだ。

私が若い開発者だった頃、開発ツールが高価なことが常に悩みのタネだった。実際、これが最大の参入障壁だったと思う。当時、MicrosoftはDOSにQBASICをバンドルしていて、われわれの世代はみなこれで入門したものだ。しかし、そこから先の高度な開発に進もうとすると、優れた商用ツールやコンパイラの価格が高いことが大きな障害になった。われわれの多くは結局こういったツール(たとえば古いVC++)のどれかをネットから拾ってきて使って勉強し、やがてそういったツールを使う必要がある職を見つけたものだ。その後、Microsoftは自社のツール、ひいてはサーバその他のプラットフォーム全体を開発者のコミュニティーに浸透させるためには一部のユーザー(学生や教育関係者)に対し参入障壁を下げる必要があることに気付いた。

もちろんMicrosoftには目論見がある。最終的にはユーザーにプラットフォーム全体を売りつけたいのだ。しかし、率直に言って、Microsoftの開発ツールは市場で入手可能なあらゆる製品のうちで最高の水準にある(非難の大合唱が起きそうだが)。あの当時、Microsoftがこんなプログラムを提供してくれるようになるとは想像もつかなかった。なにしろ、独自技術だけでなくオープンソース言語(PHP)やオープン化された全 .NETプラットフォームのサポートも含まれているのだ。しかもMicrosoftの担当幹部、Scott Guthrieはブログを開設しているだけでなく、メールアドレスを公開しており、サインアップに障害があれば誰でもメールを送って相談することができる。(ちなみにそのアドレスはscottgu@microsoft.com )

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01