GoogleはAT&Tに反論する: あんたは電話キャリア, Google Voiceはたかがソフト–両者の混同は詭弁だ

次の記事

AT&TがGoogle Voiceの訴追へ, ネットワークの中立性に対するひそかな違反行為で

今朝(米国時間9/25)の本誌の記事でも報じたように、AT&TはGoogleがGoogle Voiceのユーザに特定の番号への起呼をさせないことにより、ネットワークの中立性原則に違反しているとする書簡をFCCに送った。Googleは同社の企業方針ブログ(Public Policy Blog)で直ちに反論し、その告発に対し自己を弁護した。

最初の本誌記事等でAT&Tの書簡を読まなかった人のために解説しよう: AT&T等の電話会社が長距離電話を扱うときには、地方の、接続料金がバカ高い電話キャリアをいやでも使わなければならない。しかも地方のキャリアは、テレフォンセックスなどのサービスと提携して、その高価な番号にかかってくる電話をなるべく増やそうとがむばっている。AT&Tはそのような起呼を制限しようとしたが、当局はそれを禁じた。だからAT&Tは、Google Voiceが…経費節減のためにポルノ的な番号の起呼を制限して…当局の目を逃れていることに対して、怒っている。

Googleの反論は、AT&Tと同じく悪質な地方キャリアへの懸念を述べ、現在のキャリアの料金制度には“重大な欠陥がある”と言っている。しかし同社はそれに続けて、Google Voiceは電話サービスではないので、AT&Tの場合のような制限撤廃の義務はないと主張している。

Googleは、AT&Tが”Google Voiceと通常の電話サービスとの違いを無視しようとしている”と述べている。では、両者はどう違うのか。Googleによれば:

  • 従来からのキャリアと違ってGoogle Voiceは無料のWebベースのソフトウェアアプリケーションであり、キャリアに適用される法の対象にはならない。
  • Google Voiceは通常の電話サービスに置き換わることを意図していない。むしろ、それを使うためには既存の地上回線やワイヤレス回線が必要である。しかもユーザは、どの電話サービスの上でも前と変わらず起呼を行うことができる。
  • Google Voiceは今のところ招待制のみであり、限られた数のユーザに対してサービスを提供している。

そしてGoogleは、次の言葉で反論を締めくくっている:

“FCCのオープンなインターネット原則は、ブロードバンドのキャリアに対してのみ適用される。それは、Webベースのソフトウェアアプリケーションの制作者には適用されない。FCCはソフトウェアアプリケーションの機能を管轄していないにもかかわらず、どうやらAT&TはFCCによる規制に依拠してWebベースの競争とイノベーションを阻害したいようである。”

どっちが正しいのだろう? オープンなインターネット原則の解釈に関してはGoogleが正しいようだし、AT&Tは長年ネットの中立性には反対してきたのだから、今度の、急にそれを盾にするような態度はなんとなくうそっぽい。しかし、とは言うものの、キャリアの回線上を直接伝わる起呼と、ソフトウェアアプリケーションを介して伝わる起呼は、異なった法的扱いをされるべきだとするGoogleの主張にも、現実的な無理が感じられる。また消費者の目から見れば、ソフトウェアを介していようといまいと電話サービスは電話サービスであり、そこに、番号制限のあるものとないものの違いが存在することは、単純に迷惑なだけである。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))