newton

[CG]アップルがニュートンの技術者を呼び戻さなければならなかった皮肉

次の記事

Google Docsがさらに学生向けに改良, 方程式を書ける, 注記文を書きやすくなど

249258227_4e4710db66

ニュートン開発のオリジナルメンバーだったマイケル・チャオをアップルが呼び戻したために、またぞろアップルタブレットの話題がネットを賑わしている。たしかに彼は家電分野の有名人だったから、その経歴のすばらしさで15年ぶりにアップルに呼び戻されたのかもしれない。それともアップルタブレットを売り込むには手助けが必要だということなのだろうか。呼び戻した本当の理由はそうかもしれない。

直前彼はナイキ技術ラボの総括マネージャだった。Nike+製品はそこで生まれたのだ。新しい肩書きは製品マーケティング担当副社長だそうだ。

NY タイムズ日本語参考]によれば:

タブレットコンピュータに関しては「すばらしいアイデアと共にキズ跡もある」とTchao 氏と一緒に仕事をしたことのある元従業員(匿名希望)は語る。彼を雇ったこと自体まだ公にされていない。

アップルタブレットを売り込むのは簡単だ。まず比較的安いタッチスクリーンデバイスを作る。App Storeに対応し、ビデオカメラを搭載、バッテリー時間も長いもの、そんなデバイスだ。そしてジョブズに会場いっぱいのガジェット好きオタクたちにそれを買うようにいわせる。ほとんどみんな買って、ゴスペルを世に広めるだろう。それからアップルCMでジャスティン・ロングにみんなに買えといわせる。それでみんなが買うってわけ。とても簡単だろう?

[原文へ]

(翻訳:shiro)