MicrosoftのCEO、Steve Ballmer独占インタビュー、「R&Dの総額は95億ドル、検索分野の研究開発だけで5千人を投入している」

次の記事

メディアパートナーとWin-Win関係を目指すYouTube、統計管理データ提供ツールを統合化

先週、私はMicrosoftのCEO、Steve Ballmerに1時間の独占インタビューをすることができた。われわれはそのうち10分ほどのハイライト・ビデオを公開した。

ビデオは単なる予告編だ。ここで、いよいよインタビューの詳細の報告を始めよう。私は先のビデオの後さらに50分、ビッグ・チャンス、OSとブラウザ、携帯、検索、デベロッパーというMicrosoftのビジネス戦略の要となる5つの分野についてBallmerから話を聞いた。 

今回の記事では、ビッグ・チャンス、すなわちMicrosoftの現在の2大収入源、WindowsとOfficeに代わるべき主要収益源の展望についての会話を報告する。Microsoftは毎年$20B(200億ドル)以上の税引き前利益を計上し、$10B(100億ドル)弱をR&Dに支出している。Microsoftがこの収益のレベルを維持(あるいは拡大)しようとすれば、非常に大規模かつ長期的なビジョンが必要になる。

Ballmerは、新しいビジネスチャンスは大きく3つの「バケツ」分けて考えていると言った。つまり「現在のビジネスを拡大する(短期)」、「ゼロから新規に作る(長期)」、「大型買収(ショートカット=手っ取り早い近道)」の3種類だ。

バケツ1(短期):ここでの新しいビジネスチャンスの大部分はMicrosoftが現在すでに取り組んでいる分野に存在する。Ballmer曰く「向こう5年間にいて、現在の200億ドルの収入レベルを維持するようにメーターの針を動かすためにはすでにわれわれが取り組んでいる分野が重要だ」。

バケツ2(長期):Ballmerによれば、新ビジネスをゼロから立ち上げて(Microsoftから見て)大きな収益源にするためには5年間では足りない、地平線に見えてきたアイディアを現実の大きなビジネスに育てるには10年はかかると考えるのが現実的だ、という。200億ドル規模のビジネスを考えた場合、立ち上げから5年でそんな売上を達成したスタートアップの例を上げろといわれても思いつかないだろう。いちばん成功した連中でさえ5年目ではそんな規模になっていない。Googleの5年目を考えてみろ。Facebookにしてもそうだ。

バケツ3(買収):インタビューの冒頭でBallmerは、Microsoftは平均して年に15社を買収してきたが、このペースは今後もおおむね維持するという考えを明らかにした。しかし、Microsoftの経営に大きく影響するような大型買収は、近い将来、考えていないという。もうひとつ大きなチャンス、いわばワイルドカードは大型買収だが、われわれは今のところその方面では具体的なことは考えていない。特に計画もないし、したがってここで発表することもない。今のところ3つ目のバケツは脇に置いてある。”

Ballmerはここ数年で劇的な拡大を見込んでいる7つのビジネス分野を上げた。PCのイノベーション、コミュニケーションと生産性ツール、電話、テレビ、検索、エンタープライズ・インフラ、サーバーの7つだ。Ballmerはサーバ・アプリケーションの開発が向こう5年で爆発的に加速するだろうと予測した。

PCの売上台数は依然として増加している。だからPC市場のイノベーションはこれからも引き続き起きる。これは重要な点だ。われわれはこれを加速していく。家庭でも会社でも人々のコミュニケーションや共同作業を助け、生産性を上げるためのツール、テクノロジー、そういった分野でわれわれはイノベーションを起こしていく。電話でもだ。テレビをもっと賢くするイノベーションも必要だ。これは可能なんだ。ただしそのためにはデバイスのイノベーションが必要だ。そのデバイスとはやっぱり各種のPCだ。短期的にみた場合、爆発的な成長はそういった分野にあるとわれわれは考え、そこに集中的に努力を向けている。

検索ね。検索についてはこの5年間に大きな成果を上げるチャンスがあると思っている。

Microsoftとしては今まであまり強調して来なかったが、最大のビジネス・チャンスは実はエンタープライズのインフラにある。現在この市場は大半をデータベース・ベンダーとメインフレーム・メーカーが握っている。われわれもこの分野で40億ドルの売上があるが、それでもマイナーなプレイヤーに過ぎない。

サーバに関しては、向こう5年間に、過去のどんな5年間に書かれたよりも多くのアプリが書かれることは間違いない。

というわけで、ざっと見まわしたところ、われわれは7つの分野で大きなチャンスがあると考えているわけだ。200億ドルレベルの収入を維持していくためにはこの7分野すべてがそれぞれ売上に貢献していかなければいけない。これ以外にも、それぞれ単独では200億ドルに大きく貢献するレベルではなくとも、いろいろやっていかねばならない分野がある。もちろん、われわれは向こう5年から10年先になって離陸するような長期的な視野での投資もしていく。これで質問の答えになっていればいいんだが。

私はAzureやMeshその他の新しいテクノロジーについて尋ねた。Ballmerはこれらはテクノロジーを新しいレベルに転位させる役割を果たし、したがって前述のすべてのビジネスチャンスに横断的に関係してくると述べた。

クラウドかね? 私はあえてクラウドという言葉を使わない。クラウドは先に挙げたすべてのビジネス・チャンスに関係している。クラウド技術はサーバ分野で、あるいはExchange Onlineのようなコミュニケーションや作業の共同化、生産性向上のためのサービス提供の分野で競争力を強化し、利益率を改善するために大きな役割をはたしている。SharePointOnlineやWindows Azureにしても、実は本質的に新しいテクノロジーというわけではないんだ。ただ、こうしたサービスはテクノロジーのパラダイムをシフトさせ、われわれが現在すでに顧客に提供しているサービスの改善も含めて、より大きな利益を稼ぎ出すために役立つ。

Ballmerはまた年間$9.5B(95億ドル)という巨大なR&D予算の内訳についても語ってくれた。$250M(2億5千万ドル)から$300M(3億ドル)が純粋の研究のために支出されているという。その大半はMicrosoftが主要なビジネスとみなす5分野に対するものだ。Microsoftは研究スタッフだけでなんと5千人も抱えている。健康・医療、IT、ロボット、エネルギーにも研究予算は割かれている。

R&D予算だが、これはまず4分野に分けられる。まず純粋な研究がある。これについての最近のBusiness Weekの記事は一部間違ってるな。とにかくわれわれの純粋研究に対する研
究予算は$250か$300Mとかそんなものだ。これには私がインキュベーション予算と呼んでいるものが含まれる。新しいビジネスの孵化を助けようとする試みだ。先行き儲かる製品になるのかどうか分からない、既存のビジネス・グループのどこにもうまく当てはまらない、そういうプロジェクトもある。こういったプロジェクトはだいたいCraigMundieやRay Ozzieのような連中に任せてある。こういった研究にも数億ドル投資している。

われわれは新分野に相当な規模の投資をしている。たとえば、健康・医療関連のITやロボット、エネルギーなどだ。こういった分野に数億ドルかけている。しかし、R&D費用の大半はわれわれがビッグ・ビジネスと考えている5つの分野に行く。たとえば検索分野だが、われわれは検索のR&Dに5千人規模の人員を投入している。

フルタイムの社員に1人にかかるコストが仮に20万ドルとしようか。それが5千人というと、どうなると思う? これがテクノロジー産業というものだ。金が何十億ドルあっても足りない。それが5分野だ。10億ドルばかりではとても足りない。実際、単独で10億ドル規模の金を使っている分野がいくつもある。最初に説明した15億ドルにこうした投資をすべて加えると、R&Dの総額は95億ドルになるわけだ。このうち80億ドルがインキュベーションも含めてコアとなるビジネスに投資されている。

Ballmerはこの部分のインタビューをしめくくって、Microsoftは共同的なコミュニケーションと生産性ツールの分野の研究・開発に最大の努力を注いでいると述べた。「“いいかね、われわれが最大の努力を注いでいる分野は共同的コミュニケーションと生産性ツールだ。これこそわれわれが最大の投資をしていれう分野なんだ。

Ballmerインタビューの今回紹介した部分のテープ起こしは以下のとおり。〔英文〕

Transcript:

Mr. ARRINGTON: Last year you generated about $20 billion in pre tax profits.

Mr. BALLMER: That’s right.

Mr. ARRINGTON: It takes a lot to move a needle with Microsoft where you find new businesses in areas you want to expand. What are the new business opportunities that excite you?

Mr. BALLMER: I want to start with my excitement about our existing opportunities.

Mr. ARRINGTON: OK.

Mr. BALLMER: I really do because, if you’re going to – if you want to move the needle for us, there’s two things we have to do. Most of what we’re going to move the needle in the next five years relative to 20 billion is going to come from things that we’re already in. Most of where we’re going to move the needle maybe five to 10 years from now is going to come from things that are new, that we have to go invest in from scratch.

And the only other wild card you can weigh on top that, which we just don’t do much, is large acquisition. So, we have nothing to announce, there’s nothing we’re thinking about, so I’ll put the third bucket aside. But you would be hard pressed to name a start-up company that generated an interesting amount of profit in five years relative to 20 billion. Even the most successful. Google in its first five years, Facebook in its five years. So, there are things we have to be investing for kind of the five to 10 timeframe. But if you look at where things are going to happen and they’re interesting relative to 20 billion you’d mentioned, it’s not at our existing businesses.

It’s going to come on innovation and growth in the PC market having the number of PCs that are sold continue to grow. That’s important. We can drive that. It’s going to come from innovation in the tools and technologies both at home and at work to help people communicate, collaborate, to be productive. It’s going to come from phones. It’s going to come from the intelligence that powers TVs. That could happen. It probably doesn’t explode unless we can manage to make the device that does that, the PC, that’s the way to get short-term explosion. We’re focused in on that.

Search, we have real opportunity in search in the next five years.

Biggest opportunity that we never talked about is enterprise infrastructure. Most of that goes to the database and mainframe vendors today who are in the business. We’ve got four billion revenues and yet we’re a small share player.

Servers, there are going to be more new applications written in the next five years than any five-year period of time.

I don’t list the cloud because the cloud has kind of overlaid all of those opportunities. We have opportunities by offering cloud infrastructure to enhance the margins we make in our server business, in our communications and collaboration and productivity business, and that’s where things like exchange online, SharePoint online, Windows Azure, they’re not really new value propositions, but they are new potential margin streams and dislocators to technology shifters and some of the existing kind of customer propositions that we invest in.

So, I take a look and, I’d like to say we’ve got seven big opportunities and everyone of those seven opportunities is going to have to do its fair share to move the needle over the next five years on the 20 billion. We have some other things that in aggregate may not themselves be a large percentage of the 20. But those have to perform, and we’ve got to be investing in some things that can explode in years 5 to 10. I hope I answered your question.

Mr. ARRINGTON: Oh, yeah, you did. Things sure have changed since your initial mission statement – the computer in every home, every desk running Microsoft software. You’ve moved way beyond that.

Mr. BALLMER: Yes.

Mr. ARRINGTON: Your R&D budget is $10 billion a year, roughly.

Mr. BALLMER: Nine and a half.

Mr. ARRINGTON: $9.5 billion…What do you spend that on?

Mr. BALLMER: Well, if you look at the R&D budget itself, let me break it into four pieces: pure research, that was misreported I think in Business Week recently. But our pure research budget is about $250 to 300 million or something like that. We have what I call an incubations budget – incubations and explorations. These are things we’re not sure turn into products and don’t yet fit in any one of the existing business groups necessarily. Mostly managed by guys like Craig Mundie and Ray Ozzie. That’s another several hundreds of million dollars. We have new businesses, put health for example, we have a fairly significant investment in health IT. There’s some stuff going into robotics, energy. That would be another few hundred million. And then the bulk of our key money is going into our five big business groups that are investing in the kinds of stuff that we talked about. Just take search, order of magnitude, we have 5,000 people working in R&D and search order of magnitude.

Five thousand people, you pay a person fully burdened let’s say 200,000 plus. That’s kind of what the tech industry looks like and you get a billion dollars to spend. But we got five of those things, and so – or bigger than a billion. Not many of them are too much smaller than a billion. You put them all together and then add to the first billion and a half I described and then say get the 9.5 billion bucks. So, the bulk, eight of the 9.5 is invested in the core businesses including the incubations that are going on inside the businesses.

Mr. ARRINGTON: Ok.

Mr. BALLMER: And you know, the biggest investment area for us is in communications collaboration
and productivity. That would be the single biggest investment area for us.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01