tumor
art project

[CG]一見腫瘍を思わせる不気味なCPUモニター

次の記事

タッチ革命: すべての道はキーボードとボタンの消滅に至る

[編集部注:ゲストライターDave Freemanの投稿]

日本のアーチスト飯沢未央が「メカニカル腫瘍」を製作した。まるで生き物みたいなCPUモニターだ。一見コンピュータウイルスを具象化したようにみえるがそうではない。

メカニカル腫瘍はアートコンセプトで、コンピュータの使用より生じる負荷に応じて、蠢き、膨張する。美しいというよりなんともグロテスクだ。これがどんな実用目的に役立つのか分らないが、ホラー映画eXistenZなら役に立つかもしれない・・・

yo02

[via Gizmodo]

[原文へ]

(翻訳:shiro)