Twitterの新機能「リスト」はグループ管理用にも利用可能。「おすすめユーザー」よりはるかに便利

次の記事

不可能を可能に:大学のイノベーションを商品化する法

米国時間9/30にTwitterが、アナウンスした、「おすすめユーザー」(Suggested User Lst : SUL)に続く新機能を待ちわびていた人を大いに湧かせることになるに違いない。「リスト」と呼ばれる新機能を使えば、誰でもTwitter利用者のリストを作成して、そのリストに適当な名前を付けて管理することができる(たとえばTechCrunchのスタッフ用に「TC Staff」というようなリストを作成することができる)。また、このリストを他の利用者と共有することもできる。Twitterによると本機能は未だ限定公開によるテスト中とのことだが、間もなく全利用者に公開されることになるだろう。

作成したリストは、初期状態では他の利用者に対しても公開されるが、非公開とすることもできる。初期状態のまま公開しておくと、他の利用者は「Follow this list(リストをフォロー)」のボタンを押して、リストに登録されている人をまとめてフォローすることができるようになる。これは非常に便利な機能だ。これまで、このように複数の人を一気にフォローする機能は、Twitterが独自に生成しているSULでしか実装されていなかった。セレブのリストやニュースポータル、有名ブロガーなどのリストを作成して、リストの充実度を競う利用者なども出てくるに違いない。またTwitter自身もさまざまなリストを作成して、利用登録時にフォローできるようにすることも考えられるだろう(SUL同様、利用者にとってはきっと役立つものとなるだろう)。

Twitterの、この「リスト」に関する記事には詳細な内容は記載されていない。しかしこの機能は単なる一機能の追加に留まらないインパクトを持つものとなるだろう。たとえば「リスト」を使えば、サードパーティのアプリケーションが導入していたがTwitter自体はサポートしていなかった「グループ」の機能を実際上実現できるようになる。つまりフォローしている人をそれぞれ異なるリスト(ニュース、親しい友人等のリストに割り振る)に登録して、リスト毎に閲覧するようなことができるわけだ。Twitterはこの機能をAPIでもサポートすることにしており、これまでグループ機能を持っていなかったアプリケーションでも、「リスト」に基づく機能が追加されていくことになるだろう。

さらには、グループ機能が実現されれば、グループ内検索などもできるようになり、スパムの排除などにも使えるようになるかもしれない。ただ、新機能の実装に後手を引くことの多いTwitterのことでもあり、そういった機能の実現にはまだまだ時間はかかることだろう。

この「リスト」機能は、カテゴリ毎のトップユーザをまとめているWeFollowなどと競合することになる(しかし一方で、ここでより包括的な「リスト」を扱うようにして、一層知名度が上がるなどということもあり得る)。また、Twitter利用者をひとまとめにして扱うためのオープンスタンダードであるTweepMLも「リスト」に置き換えられていくことになるものと思われる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)