Google Waveは「女性」や「合衆国税法」よりも分かりやすい???

次の記事

オバマのノーベル平和賞=CrunchPadの2009ベスト製品賞, そのココロは?

Screen_shot_2009-10-09_at_4.32.21_PM

すでに何度も言ったように、Google Waveをわかりやすく説明するのはとても難しい。つまり、多くの人にとって、Google Waveは分かりにくいサービスだ。でも、それもある意味当然だ。なにしろGoogle Waveはまったく新しい形のコミュニケーションを目指しているし、しかもまだ世の中にデビューしたばかりだ。でも、その理解の難しさは、ほかのものと比べてどうだろう? たとえば、量子力学と比べるとどうかな? 「理解の難しさを比較する」…このおもしろい難題に挑戦するサイトが登場した。

Easiertounderstandthanwave.comは、世の中のさまざまな“理解しづらいもの”とWaveを対戦させる。画面にはWaveとその対戦相手の写真が並び、訪問者は二つのうち、より理解しやすいと思うものをクリックする。これまでの対戦相手は、形而上学、映画「ドニー・ダーコ(Donnie Darko)」の最後、オジー・オズボーン、死、浸透圧、心臓手術、〔オバマ政権下の〕健康保険改革法、Google Fast Flip、それにSarah Palin〔前大統領選における共和党副大統領候補〕まで登場している。

Google Waveが“理解しやすさ”でほとんどの相手に負けているのがおもしろい。かろうじてGoogle Waveが勝った相手は、女性、サイエントロジー、合衆国の税法、中国語の電信記号、Microsoft Visio 2004、そしてオバマのノーベル賞受賞だ。

ユーザがWaveと戦わせたい対戦相手を投稿することもできる。でもこのサイトの最良の部分は、バックにループで流れるAvril Lavigneの”Complicated”だろう。

アップデート: これはすごい。権威ある情報筋によると、このサイトを作ったのはFacebookの社員だそうだ。一人か複数かは分からない。このサイトが、FacebookのGoogle Wave観を表しているとすれば、それは「こんなもの失せろ!」の一言だろうね。

しかしページの下には、”いかなる企業とも関係ありません”とある。

アップデート2: 作った社員は一人だそうだ。Facebookの陰謀、はないね、どうやら。

Screen shot 2009-10-09 at 4.35.26 PM

Screen shot 2009-10-09 at 4.37.45 PM

Screen shot 2009-10-09 at 4.37.57 PM

Screen shot 2009-10-09 at 4.38.18 PM

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))