Googleドキュメント、一歩前進―フォルダ共有、一括アップロードをサポート

次の記事

AppStore最新ゲーム徹底研究―Apple、iPod Touchをゲーム機としてキャンペーン

オンラインで文書を作成・共有するというのはまだそれほど一般的ではない。先進的ユーザーでも多くの場合、特定の問題をまとめた表計算ファイルとか組織外の相手への文書などを単発的に共有するにとどまっている。しかし、Googleドキュメントの環境に慣れるに従って利用の頻度も、この方式で共有することを好む相手も増えてくる。少なくともGoogleではそう期待しているだろう。そこでGoogleドキュメントで新たにフォルダ単位の共有機能がサポートされた。同時に多数のファイルを一括してアップロードすることができるようになった。

従来、文書の共有やアップロードは1ファイルずつした実行できなかった。今回の改良で、Googleドキュメント上のフォルダに好きなだけファイルを放りこんでフォルダごと一括共有することができるようになった(詳しい手順はこちら)。Googleドキュメントの共有フォルダは共有作業スペースとして利用できる。ある意味でDropboxに近い。逆にいえば、Googleがこういった基本的な機能をサポートするのにこれほど長くかかったのが不可解だ。Googleドキュメントの利用を広く普及させるためには、ユーザーがなるべくたくさんの文書をアップロードできるようにして、日常の業務をそこでこなせるようにする必要があることは明らかだ。

ユーザーの意識が今まではそこまで進んでいなかったということか? それともGoogleの準備が進んでいなかったのかもしれない。いずれにしても、この機能は必須のものだ。これでオンライン文書共有の環境が一歩進んだことは確かだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01