Appleは自社以外のスマートフォンすべてについて「初代iPhoneにも及ばない」と孤高の一蹴

次の記事

7〜9月期で投資案件がいちばん多かったVCはどこだろう–本誌が作った表で彼らのランクを見よう

698695902_cd1b9f4f01

今日(米国時間10/19)のAppleの第四四半期の決算報告で、競合製品が増えたので今年のクリスマス商戦ではiPhoneは苦戦するのでは、という質問が飛んだ。とくに、Android機についてどう思うか、という質問に対してAppleのCOO Tim Cookは、まだ初代iPhoneにも追いついていない、と一蹴した。

そうなのよ、Appleは、よそのスマートフォンは自分が2年前に出した製品のレベルにも達していない、というご見解なのよ。”われわれの過去を見ているような気がしてくる“、とCookは言った。

確かに、今のスマートフォンの中には、初代iPhoneとそう変わらないものもある。iPhone 3Gはさらに優位だ。同じ価格の機種の中で、iPhoneだけがジェームズ・ボンド(James Bond)、そのほかは全員“その他大勢(Joe Schmoe)”という体(てい)だ。でも、初代iPhoneがPalm PreやmyTouch 3Gよりも上だと言うのは、ちょっと無理があるね。

しかしiPhone 3GSは、確かに今あるどの機種よりも進んでる。これに本当に対抗できるのは、これから出てくるVerizonのDroidと、それ以降の機種だろう。Verizonの広告を見るかぎり、Verizon自身も当然そう思っているようだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))