new enterprise associates
Kleiner Perkins
Accel Partners

7〜9月期で投資案件がいちばん多かったVCはどこだろう–本誌が作った表で彼らのランクを見よう

次の記事

AppleのQ4収支発表:またもビッグな四半期、MacとiPhoneが売上新記録

2009年の第三四半期は、年初に比べてやや回復傾向が見られた。では、この四半期でもっとも活躍したベンチャーキャピタル企業はどことどこか? TechCrunch Trendsのリポートは、CrunchBaseの企業データを元に作成されているが、その中でいちばんおもしろいのが、ベンチャーキャピタル企業のランキングを示す表だ。

その表を2つの対話的な表に作り替えたものが下にある。2009年第三四半期の上位25社のVC企業が載っているが、元の表の上位100社のリストもある。ランクは、各四半期(Q3とQ1-Q3)における投資案件の数(額ではない)で決まり、Draper Fisher JurvetsonがQ3とQ1-Q3の両方でトップだ(17件, 34件)。Q3の次位以下は、Sequoia(12)、Kleiner Perkins(11)、NEA(9)、Benchmark(8)等となっている。Q1-Q3でも同様の企業が上位にいるが、やや変化もある。

ランキングの表と、本編記事は、ここにある(TCtrendsのページだ)。リポート本体の入手は有料である。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))