ニュース
Nokia(企業)

Paranormal Activityはうなされることうけあいの最恐映画―が、NokiaのCMが真似したのはなぜだ?

次の記事

ビートルズはMonoに帰り, FriendFeed/Facebookはストリームスプライシングで新たに生まれ変わる

Paranormal Activityは間違いなく私が今まで見たなかでいちばん恐ろしい映画だ。先週末に見たのだが、思い出すたびに背筋に寒気が走る。それにこの映画は映画業界にも大ショックを与えている。製作者のOren Peliはほんの1万ドルしか使わなかったという。にもかかわらず何百倍も金をかけ、はるかに上映館も多いライバルを蹴散らして、現在までに総収入$33M(3300万ドル)を稼ぎだしている。

例によってCM業界が飛びつき始めた。言っておくが、これからParanormal風のCMがうんざりするほど出てくるはずだ。

NokiaはMaemo OSのプロモートのために新しいウェブサイト、Maemoproject.comをローンチした。ところがこのトップ画面のビデオがParanormalそっくりなのだ。我慢して延々と見ているとちらりと何かが起きる(約10分後)。

Meamo自身についての詳しい情報は今週木曜に予定されている公式リリースを待つ他ないが、NokiaはMaemoを「史上もっとも恐ろしい携帯」として売り込みたいのだろうか? よく分からない戦略だ。

アップデート(Robin Wauters): Maemoprojectウェブサイトのソースコードを見たら面白いことが書いてあった。ビデオにペンギンが映るところがあるので、それを見つけたらNokia N900かBH-95のプレゼントに応募することができるという。コンテストのルールのPDFはこちら

Happy hunting. (Here’s a tip: wait for the 9 minute mark on that video)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01