いったいTweetMemeの規模はどの程度なのか、なぜそれが問題なのか?

次の記事

Google創始者ブリンが、ユダヤ移民支援団体に$1Mを寄付

TweetMemeが、Compete.comによる月間ユニーク訪問者で1800万人と、かなり堅実に伸びている件について、いろいろ噂が絶えない。この数字は、LinkedInやgmail.comという有名どころの、それぞれ1500万人、900万人というユニーク数を上回っている。事実Competeによると、現在Tweetmemeはインターネットで68番目に大きいサイトである。

TweetMemeとは何をするところか? ここは、他のサイトに「retweet」ボタンを付けて、読者が簡単に記事のリンクを>Twitterに送れるようにするサービスだ。われわれもTechCrunchの全サイトで使っており、この記事のタイトルの右下にあるのが見えるはずだ。ほかに、同サービス経由で送られたつぶやきの分析機能や、ある時点で最も多くretweetされたつぶやきの順位を表示するページも提供している。ライバルには、 DiggTechMemeGoogle Newsその他、最新ニュースを集約するサービスがいる。

しかし、TweetMemeは本当にそんなに大きいのだろうか? 短い答えはノーだ。

Comsocreの追跡によると、TweetMemeの全世界月間ユニーク訪問者数は72万1000人だ。Quatcastの数字は240万人といったところ。Google Trendsで、ある意味でTweetMemeと似ているURL短縮サービスのBit.lyと比べると殆どデータがない

恐らくCompeteでは、われわれのようなサイトが記事に埋め込んだJavascriptウィジェット全部を数えているだけに違いない。つまり、TweetMemeを使っているサイトのあらゆるトラフィックデータを集約していることになる。あまり役に立ちそうにない。

これが問題になる理由

誰もが、リアルタイムのTwitterデータを取ってきては、役に立つ選別されたニュースストリームを作ろうとしている。Bit.lyは、Bit.ly Nowという名前の新製品を準備中だ。Diggもサービスを再構築して、Twitterデータを利用して,何がホットかをより早く見つけ出そうとしている。

もしTweetMemeが本当に大量のトラフィックを生んでいるのなら、総トラフィック量はBit.lyを超え、Diggに迫ることになる。そしてTweetMemeは、既に混み合っている分野にとって第3のプレーヤーになる。

来たるべきBit.lyとDigg(そして恐らくTweetMemeと)の戦いで、Twitterのデータフローへのアクセス以外に問題になるのは、元になる総トラフィックベースである。リアルタイムでリンクをインデックスしたりカテゴリー分けしたりできることも重要で、各社ともミリ秒単位で正確にデータを分析する方法を探っているが、規模が大きくなるとこれを適切に行うことは困難になる。

この分野では、近いうちにいろいろなことが起こりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)