Secure by design
ninite
BaseShield

Windows 7にアップグレードするなら、アプリケーション一括インストールツールのNiniteを使おう!

次の記事

今年、eBayでは4億ドルが使われる ― iPhoneアプリ経由だけで

Windows 7はなかなかの好評を持って迎えられ、ソフトウェア関連のプロからも太鼓判を押されているようだ。ここ数週間のうちにも、多くの人がマイクロソフトの新OSに乗り換えることになるのだろう。ただ、これまでにWindows XPを使い続けていて、Vistaを経由せずにアップグレードを行う場合、少々大変な作業を伴うことになる。この場合、データおよびプログラムをバックアップした後に、完全なクリーンインストールを行うのが最善策となる。

データのバックアップとリカバリもなかなか大変ではある。しかしWindows 7を起動させてから、アプリケーションも全てゼロからインストールし直してやらねばならないのだ。アプリケーションに関しては、新しくPCを購入する場合にも同じことだ。買ってきたPCにはアプリケーションはほとんど、場合によっては全くインストールされておらず、自身で全てインストールすることになる。

多くのアプリケーションをインストールするというのは、かなり面倒な作業で時間もかかる。ただ、そこに対応するツールがY Combinatorの出資するスタートアップから登場した。このツールを使うことでインストール作業が非常に簡単になり、しかも無料で使うことができる。

そのツールとはNiniteで、複数のアプリケーションを簡単かつ便利にインストールすることができるのだ。

Niniteはウェブサイト上に多くのPCアプリケーションをカテゴリ毎にまとめている。このサイトで必要なアプリケーションを指定しておいてインストール作業を開始すると、すべてのアプリケーションのセットアップが一度に行われる。事前に作業用のアプリケーションをインストールしておく必要もない。またインストールするアプリケーションをツールバーなどに登録するオプションは自動的にオフにされる。ひとつだけ少々不便なのは、インストールするプログラムはすべて自動的にデフォルトの設定が適用されることだ。セットアップ時のカスタマイズはほぼ行うことができないようになっている。

インストールするプログラムの選択が完了すると、ひとつの実行可能ファイルが生成される。そのプログラムを実行してコーヒーでも飲んでいれば、インストール完了ということになる。

このNiniteは、プライベートベータの段階ではVoleryという名前だった。提供しているのはSecure by Designで、Y Combinatorが出資を行っている。Secure by Designは、ウィンドウズアプリケーションのAppStoreを目論むBaseShield App Storeのプロモーションを行っている際に、Niniteのような機能が必要となり、この仕組みを見いだした。

このNiniteには、ダウンロードキャッシュをローカルに保存したり、ネットワークで共有したり、あるいはサイレントモードで実行するオプションを備えた有料のプレミアム版も用意されている。

(Via Hacker News)

原文へ

(翻訳:Maeda, H)