Discovery Communications、サイエンスおよび技術系ニュースサイトの運用を開始

次の記事

先週のTechCrunchハイライト―Skype和解のまとめ

Discovery Communicationsは新たにサイエンスおよびテクノロジー系のサイトであるDiscoveryNewsを立ち上げ、オンラインコンテンツの充実に本腰を入れ始めている。また連携するiPhoneアプリケーションも99セントにて販売を行っている。

今回独立して新サイトとなったDiscovery Newsは、これまではDiscovery Channelのウェブサイト内のいちコンテンツとしての扱いだった。新サイトでは地球環境、宇宙、技術、動物、恐竜、考古学、人物および歴史などといったニュースを扱うものだ。こういった分野に関する新着ニュースや解説記事などを掲載する。またDiscoveryが2007年に買収したHowStuffWorks.comのコンテンツも定期的に掲載する。尚、DiscoveryはHowStuffWorks.comの買収以前にも、環境問題を取り扱うTreeHugger.comを買収している。

ちなみにDiscovery CommunicationsがiPhone用アプリケーションの販売を開始したのは数ヶ月前のこと。こちらのアプリケーションでは動画コンテンツ、クイズ、フォトギャラリー、番組放送予定、Discovery Newsの最新情報などを確認することができる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)