adobe systems
adobe flash player
adobe flash

Adobe、Flash Player 10.1 とAIR 2.0 リリース―マルチタッチ、ローカル・マイクなどをサポート

次の記事

Oxford Dictionaryが選んだ「2009年の言葉」は動詞のunfriend–ほかにもあるぞ

Adobe Systemsは1週間ほど前に700人のレイオフ(全世界の社員の9%にあたる)を発表したところだが、今回は長らく待望されていた新製品をリリースした。Flash Player 10.1AIR 2.0だ。

いずれも当面はベータ版の扱いになるが、Adobe Labsからすべての主要プラットフォーム(Windows、 Mac、 Linux、x86ベースのネットブック)が同時に発表された。

アップデート: 失礼。記事をちょっと早まって発表してしまったようだ。現在こちらのリンクからダウンロードできる:Flash PlayerAIR

残念だが、携帯プラットフォーム用のFlashプレイヤーのアップデートを期待していたユーザーはもう少し待たねばならない。 この点については後で触れよう。

デスクトップ・ブラウザ用Flashプレイヤーと最近相当に普及してきたクロス・プラットフォームのラインタイム環境であるAdobe AIRのバージョンアップは10月上旬に告知され、Adobe MAX 2009イベント(下のビデオ参照)でプレビュー版が披露された。したがって内容についてはあらかた周知のことと思われるので、ここでは簡単なまとめを報告しておこう。

Adobe AIR 2、Flash Player 10.1共通の新機能

– マルチタッチの各種ジェスチャー(当然だがマルチタッチ・スクリーンが必要)
– グローバルのエラー・ハンドラー。デベロッパーはすべてのランタイム・エラーを単一のハンドラーで処理できるようになった。
– ローカルのマイクロフォンへのアクセス。これでやっとローカルのマイク入力をサーバ経由で録音せずにすむようになった。

さらに、Adobe Flash Player 10.1はWindowsデスクトップ、ネットブック、携帯上でH.264のハードウェア・デコードを利用できるようになっている。

こういう便利な新機能を携帯でも利用したいユーザーは多いだろうが、まだしばらく待たねばならない。Palm webOS向けの公開ベータは今年中にリリースされる予定だが、Google Android版は2010に入ってから、Blackberry版はさらに遅れる見通しだ。

Adobe AIR 2.0のめぼしい新機能は次のとおり。

– ネーティブ・プロセスAPI。AIRアプリがローカルマシンのネーティブ・アプリと協調動作できるようになった。
– 大容量記憶装置の検知。カメラやUSBメモリを接続したことをAIR 2アプリが検知できる。
– オープン・ドキュメントAPI。 AIRアプリはファイルや関数についてデフォールトで実行されるべきアプリケーションをOSに尋ねることができる。
– ソケットのサポートの強化。AIRを利用したローカル・サーバ、P2Pアプリなどが考えられる。
– WebKitの高速化。JavaScriptエンジンが高速化され、新しくHTML5/CSS3がサポートされた。

(オリジナル画像: Ryan Stewart)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01