[CG]新しい垂直離着陸戦闘機がテスト中

次の記事

ネット版Wired誌が来年からAppleのタブレット機に対応–まだ現物も仕様もないのにどうやったの?

f35b_rollout_4_20071219

ハリヤー垂直離着陸機は世界でも有名な戦闘機のひとつだ。短距離での離着陸に適しているため米軍に重用されている。欠点はスピードに欠けること。そこで新世代機がテスト中で、期待に応えられるかどうかをチェックしている。

新ハリヤーは別名F-35Bでステルス性能と超音速を備えている。同じ機能を備えているのは現在ではF-22ラプターだけだ。ラプターの問題点は離着陸に通常の長さの滑走路を必要とすること、製造費が高価(1機当り3.6億ドル)なこと。一方新ハリヤーは安価で(といっても比較の問題で8300万ドルだが)、かつ短い滑走路でもOKだ。F-35Bがテストに合格すれば、政府は新型機を大量発注する。

[原文へ]

(翻訳:shiro)