アップデート:Google携帯はVoIP通話のみのデータ専用機かも

次の記事

Silverlight 4、ベータ版登場―マルチメディアとGoogle Chromeをサポート(Facebookのデスクトップアプリもデモ)

昨日(米国時間11/17)、私はGoogleブランドの携帯電話が来年初頭にいよいよ発売されると書いた。

するとたちまち、「Googleが直接携帯マーケットに参入してAndroidに命運を賭けている他の端末メーカーと直接競合するような愚を犯すはずはない」という声が上がった。Daring FireballPC WorldIntoMobileなどがそういう意見だった。皆そろって、先月のTom KrazitのCNETの記事を証拠として挙げた。その記事ではGoogleのAndy Rubinがこう言っている。 「われわれはハードウェアは作らない。われわれは他の企業がハードウェアを作る手助けをするだけだ」。 これに続けて記事にはGoogleのAndroidエンジニアリング担当副社長RubinはGoogleがパートナーと競合するような独自の製品を開発しているという噂を強く否定した」とある。

私は普通なら「企業というものは新製品の噂は発表の当日まで否定し続けるものだ」と答えるだけで済ませるところだ。Appleは携帯電話を開発しているという噂を否定し続けた―そして結局iPhoneを発表した。GoogleとしてはAndroidのメーカー各社が製品の最後の仕上げを急いでいるこの時期に動揺を与えたくないのは当然だ。

しかし、Googleが「携帯電話のパートナーと競合する製品は開発していない」というのが仮に本当であれば、別の可能性も出てくる。つまり開発している製品は定義上、携帯電話ではないのかもしれない。

つまりGoogle Phoneはデータ通信に特化したVoIP通信デバイスかもしれない。今日、私が話をしたある人物は「GoogleはGooglePhoneについて、少なくともAT&Tとデータサービス契約について交渉している」 と述べた。

もちろんユーザーは普通の電話と同様に音声会話ができる。単に音声サービスではなくデータ・サービスの回線を利用するだけだ。これはまたGoogleが2007年にFCCの700MHz帯域のオークションに参加したときに発表したビジョンでもある。

GoogleはGoogle Voiceを利用してこうしたデバイスに電話番号を付与することが可能だ。実際、私はすでに携帯の番号をGoogle Voiceに移行ずみだ。Googleにはこのサービスをさらに拡大する計画がある。Google VoiceはVoIP通話も処理できる機能がある。

AT&Tその他のキャリヤは興味を示すだろうか? 私が会った人物はAT&Tはすでにこの契約を取ろうとして、価格を提示しているという。価格は月$20前後らしい。もちろんキャリヤに取っておいしい話ではない。しかし〔総額は巨大になるから〕、ライバルにこのビジネスを持っていかれるのは困る。私の考えではアメリカのGSM通信方式のキャリヤ、TMobileとAT&Tはこのプロジェクトに乗ってくるだろうと思う。

われわれがAT&Tの情報源に確認したところでは、BlackBerryとWindowsデバイスについては、すでに音声通信を外したデータのみの契約をユーザーにていきょうしているという。このプランが提供されるデバイスは限定されている。たとえば、iPhoneはダメだ。しかしAT&Tがデータ通信のみの契約をエンドユーザーにすでに提供しているのは事実だ。

果たしてGoogle Phoneは本当にデータ/VoIP専用機なのか? 今のところ、単一の情報源による噂にすぎない。引き続き調査していくつもりだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01