microsoft bing
Bing

Bingからの最新情報、あるいはBingの最新情報表示機能

次の記事

[CG]新しい垂直離着陸戦闘機がテスト中

先週Bingで使えるようになった新機能を全て覚えているだろうか。食べ物関係ではWolfram Alphaの検索結果が表示されるようになった。詳細な天気予報も表示されるようになった。またプレビュー表示も改善された。地図機能も向上し、MSNビデオはBingビデオになった。そしてこれらに加えて、検索したサイトの新着情報を表示する機能もひっそりとデビューしているようだ。

BingでTechCrunchNew York Timesなどを検索すると(訳注:日本語モードでは今のところ動作しない様子)、サイトの情報サマリの下に「latest posts」というラベルの下に各サイトでの最新記事3本が表示されるのだ。

これはTwitterの有名アカウントを検索したときに、最新ツイートが表示されるのと同様の機能だ。Bingの目指すリアルタイム検索の一翼を担う者と位置づけられるのだろう。Twitterとの統合を深めて最新のツイートも検索対象に加えたのと同様、ニュースサイトの最新情報もBingのページから移動することなく表示されるようにしたわけだ。ただ“Associated Press”を検索したときには「latest posts」が表示されず、まだ完璧にフィックスした機能ではないようにも見える。

ともかく、記事の内容を検索してその内容を表示するというのは、従来の検索エンジンが行ってきたことだが、Bingが違うアプローチを始めたということに間違いはない。ニュースサイト自体を検索して記事の内容も表示するようになっているわけだ。技術的にはフィードを配信しているサイトについてはすべて同様の結果表示ができるはずなのだが、試してみたところでは今のところ小規模ブログ等については対応を見送っているようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)