RealTime CrunchUpカンファレンス―Twitter COOのDick Costolo、「もうすぐ広告を投入」と語る

次の記事

Rippolのビデオ発見エンジンが一般公開–ユーザの好みに合ったビデオを紹介してくれる

Twitterはどうやら広告という「聖杯」を発見したようだ。近々、実際に導入するという。今日(米国時間11/20)開催されたRealTime CrunchUpカンファレンスでのMichael Arrington編集長との対談で、TwitterのCOO、Dick Costoloは、同社の広告戦略の一端を明らかにした。Costoloは詳細については明言を避けたが、重要な点を述べた。「たいへん素晴らしい。型破りなものになる。ユーザーにも歓迎されるだろう。スマートだ」。

Costoloはそれ以上詳しく語らなかったが、「現在話題になっている新しいRT機能を利用したものではない」とした。Michael Arringtonが「広告はメッセージ・ストリーム中にそれに混じって表示されるのか?」と質すと、Costoloは「ストリーム中であるとも、そうでないとも言えない」と答えた。

Costoloは「ここで言いたいのは、Twitterは近々パートナーと共に広告ビジネスを開始する準備が整ったということだ」と締めくくった。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01