シリーズAでなんと$9Mも調達したAsanaとは?–元Facebook CTOの新会社にあのAndreessenも積極投資

次の記事

新聞に拒否されてもGoogleは痛くも痒くもない–という驚異の調査結果

Facebookの協同ファウンダDustin Moskovitzが、企業のコラボレーションをサポートするスタートアップ、Asanaを近く立ち上げる。そのために彼は今日(米国時間11/24)、Benchmark CapitalとAndreessen-Horowitzからの$9M(900万ドル)のシリーズAラウンドを完了した。その前には彼は今春、Ron Conway、Peter Thiel、Mitch Kapor、MySpaceのCEO Owen van Natta、Sean Parker、元Facebookのモバイル担当ディレクターJed Stremelらから総額$1.2M(120万ドル)のエンジェル資金を獲得している。

MoskovitzはFacebookの最初のCTOだったが、Asanaをもう一人の元FacebookエンジニアJustin Rosenstein(Facebookの前はGoogle)と協同で創立した。また、元Facebookの役員で今はBenchmarkのパートナーであるMatt CohlerがAsanaの取締役になる。投資者のうち二人…Marc AndreesenとPeter Thiel…は現在、Facebookの取締役である。

企業用のコラボレーション製品というだけで、詳細はまだまったく明かされていない。Rosensteinは、そろそろ”デスクトップ中心型のデータモデル”を捨ててWebを基盤とするツールに全面移行すべき時期だ、としか言わない。彼によれば、“ソーシャルネットワークではない。生産性ツールだ。最初にWebありきという前提で問題を完全に一から捉え直す“のだそうだ。今日のいちばん主なコラボレーションツールはメールだが、Asanaはそれよりも良いものを提供していく。

うーむ。Google WaveやYammerのようでもあるし、まったく新しいもののようでもあるし、なんだかよく分からない。Cohlerになぜ投資したのか聞いてみたら、“巨大な市場がある。完全に新しいしかも強力な製品だ”と言った。そうですか、どうも、ありがとさん。

Asanaは今、人材募集中だ。得られた資金はほとんど、トップクラスの技術者と設計者のスカウトに使われるようだ。投資家たちのそうそうたる顔ぶれと、‘巨大市場’云々以外の情報としては:

  • 社内でヨガ–毎週インストラクタを招いてグループでヨガをする(強制ではないらしいが、すごいね)。
  • 自然食品による手作りの食事が1日2回。
  • 30インチのモニタが3台ある。ただし、各人が自分にとってベストと思える環境をセットアップしてよい–使えるのは最高1万ドルまで。

〔訳注: 詳しい情報が出るのを数日待ってみましたが、出ないので最初の記事を訳出します。この記事よりやや技術的に詳しいのが、ここにあります。企業によるWebアプリケーションの開発を、これまでのやり方より桁違いに速くする、とか。〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))