これはすごい―Square端末テスト中のJack Dorseyの新しいカフェでコーヒーを買ってみた(ビデオあり)

次の記事

iPhoneを端末にクレジットカード課金ができる―Twitterの開発者、Jack DorseyのSquare、ベータ開始

jackd夏に報じたように、Twitterの開発者、Jack Dorseyは新しいプロジェクトに取り組んでいる。最初はSquirrel(リス)というコードネームだったが、その後Squareに変わった。しかしアイディアは同じだ。ハードとソフトを組み合わせて、小売業者が携帯電話(最初のターゲットはiPhone/iPod touchとなる)を端末としてクレジットカードによる支払いを受けられるようにしようというものだ。 先ほどの紹介記事。〔その他Square関係の続報

私は今日(米国時間12/1)、サンフランシスコの新しいコーヒーショップ、Sightglass Coffee(Dorseyが共同出資者)で彼に会って話を聞いてきた。下のビデオでDorseyはSquareの狙いについて簡単に考えを話している。それからデモのために私は自分の分とDorseyの分のコーヒーを買い、Square端末で処理される様子を見た(SightglassはSquareのベータテストに参加している)。日光の反射でiPhoneのスクリーンがよく見えないが、Squareによる支払い処理のスピードがいかに速いかは見てとれる。これはすごい。

ユーザーはiPod touchのスクリーンに指でサインすることができる。またレシートをメールで貰うこともできる。初回はアドレスを入力する必要があるが、Squareアプリは次回からクレジットカード情報を読み取ると同時に、記憶しているアドレスにメールを送ってくれる。また現在開発中の機能には、レシートをSMSを通じてリアルタイムで送信するというものも含まれている。そうなればカードの正当な所有者がカードを利用していることも即座にわかるわけだ。また顧客はSquareのウェブサイトを通じて自分の顔写真をアップロードすることもできる。業者は顧客が間違いなくカードの所有者だと一見して確認できるわけだ。その他歓迎すべき機能が数多く用意される。

SoMa地区のSightglassはご覧のように現在工事中で、小さなコーヒースタンドで営業をしているだけだが、 来年早々に巨大なカフェとして本格的にオープンする予定だ。

sightg1

sightg2

sightg3

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01