Google GroupsがGoogle Appsを完全組み込み–むしろAppsがMS Officeを一気に抜く強力エンジンをゲット?

次の記事

Google Web Toolkitにファンクションのスピード監視, コード分割などが加わる

Googleは最近Google Groupsに、この検索超大手のオフィスアプリサービスであるGoogle Appsによる共有機能を加えた。そして今夜(米国時間12/8)Googleは、GroupsにGoogle AppsのPremier and Education Editionsを加えた企業向けのバージョンをフルマウントする。

Googleによれば、Groupsはもっとも広く使われているアプリケーションの一つだ。Groupsはコラボレーションのためのアプリケーションであり、だれもがグループとそのためのフォーラム(掲示板)、メーリングリスト、Webページなどなどを作れる。グループの規模は大でも小でもよい。今回のAppsを加えたGroupsにより、社員たちが自分の部、課、プロジェクトチームなどのためのグループを作れる。また、グループをメーリングリストとして使って文書やスプレッドシート、プレゼンテーション、カレンダー(スケジュール)、ビデオ、Webサイトなどを共有できる。ユーザはそういった通信を、自分のメールのインボックスに、ダイジェスト形式やGroupsのフォーラムの形式で受け取れる。そしてグループのアーカイブにあるすべての情報に、IT部門のアドミンの介入なくアクセスできる。

一方アドミンは、グループを作るというレベルではやることがないが、グループのポリシーの設定や管理を行える。ただしこれまでのGroupsではアドミンだけが管理できたが、これからは“ユーザ管理型”のグループを作れるので、Appsを使うグループを組織内の誰でも運営できる。グループのアーカイブを検索する機能や、グループとして応答する(リプライなどを書く)機能も加わった。

Google Appsは当然ながら、Google Groupsのコラボレーション機能を一挙に大幅に増強する。GoogleのGoogle Apps担当Senior Product Manager Rajen Sheth曰く、“Google Appsはコラボレーションがキモである”。Apps内のどの製品についても、そう言える。Appsは着実にユーザ数を伸ばしていて、現在はユーザ企業数200万、これらが抱える人間ユーザ数は2000万に達する。まだMicrosoftには及ばないが、彼らのバックミラーの中にGoogleの姿が見えてきたことは確実だろう。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))