Vevo、今夜のテビュー前からYouTubeの寵愛を受ける

次の記事

[jp] レポート:ソフトウェアビジネスカンファレンス2009福岡

Screen shot 2009-12-08 at 1.17.33 PM

今晩(米国時間12/8)この後、「ミュージックビデオのHulu」と言われ、YouTubeとレコードレーベル数社によって立ち上げられたVevoが、いよいよライブデビューする。しかし、すでにYouTube上にはビデオコンテンツが流れている。

このページを見ての通り、YouTubeにはEminemVEVOのアカウントがある。どうやらこれは、新サービスのクロスプロモーションの一環らしい。ビデオにVevoのロゴ(前にも見たことがある)でブランディングされているたけでなく、ページにはVevoにジャンプするためのリンクまである(現在リンクはVevoブログを指している)。こうしたYouTube/Vevoページがあちこちに散らばっていて、例えばこれはToby Keithのページ。

Vevoは先日EMIとの契約を終え、プロジェクトにとって残る主要レーベルはWarnerのみとなった。WarnerはYouTubeが同レーベルのミュージックビデオを配信する契約は結んでいるが、他のレーベルはいずれも、最終的にコンテンツをYouTubeからVevoに移すことにも合意している(妙な話だが、その後もYouTubeがホストし、そこから支払いも受ける)。ビデオは今後も無料で提供されるが、Huluと似たモデルの方式の広告で維持されることになる(Huluモデル自体は来年変更される)。

既にYouTubeのユーザーは、Vevoのこのきついプロモーションを見せられてイライラしている

アップデート:そして、これがメインチャンネルだ

[ありがとう、Ron

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)