アメリカ人は1日に34ギガバイトのデータを消費しているという報告書–カリフォルニア大学情報産業研究所より

次の記事

WikiHowが化粧直し、月間ビジター2000万超

information

“How much information?”と題するおもしろい報告書が今日(米国時間12/9)発表された。作ったのはカリフォルニア大学サンディエゴ校のGlobal Information Industryだ。2008年にアメリカの平均的消費者は、すべてのメディア(テレビ、新聞、Webサイト、ラジオ、などなど)を合わせて、どれだけの情報を消費しただろうか? 彼らの計算では、平均的アメリカ人消費者は1日に34ギガバイトのデータを消費している(1年では3.6zB(ゼタバイト)になる)。すごい量だね。誰もがそう思うようだ

そして報告書によると、アメリカ人が情報の消費に費やす時間は1日12時間だ。この数字に驚く人もいるだろうが、この12時間の60%はテレビやラジオなどの“旧メディア”の視聴だ。

この報告書には、”Twitter”という言葉は一度も登場しない。議員に電話をして、カ大に一言注意してもらおう。

アメリカ人が1日に消費する言葉は平均10万語だ。読む言葉と聞く言葉を合わせてだが。

コンピュータを使う時間は1日平均2時間。TechCrunchの連中は、とうてい“平均的”とは言えないね。

一言で言うと、アメリカの消費者は毎日ものすごい量の情報を消費しているのだ。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))