Measy

質問に答えるだけで自分に合ったスマートフォンの機種を決めてくれるMeasy

次の記事

Amazonの「2009年AWSスタートアップ賞」の入賞者が決定–企業向けサービスが上位

最近はスマートフォンの新製品が週一ぐらいのペースで出るから、自分に合ったものを選ぶのがますます難しくなている。まあ、本誌の読者なら発売の半年前から詳しい仕様まで知っているかもしれないが、一般消費者にとっては、わけのわからない頭字語のジャングルと、ちょうしの良すぎる店員のセールストークで、頭の中がぼーっとなってしまうだけだ。

Measyについては前にも何度か書いたことがあるが、ここはユーザの製品選びを助けてくれるサイトだ。10月にサービスを再開したときの記事には、スマートフォンもぜひ加えてほしいと書いた。そしてついさきほど(米国時間12/10)、その願いが実現した。

同サイトのスマートフォン選びも、そのほかの製品と変わらず、なかなかきめ細かい。最初は大枠的な質問(ご予算、キャリア、ブランド)、それから細部に入っていく(マルチメディアは? カメラは? 企業向けの機能は? 等々)。リモートワイプ(紛失したときにベンダが中身を消してくれるサービス)のような、一般消費者にとって分かりにくい機能については質問しない。そういう特殊機能が気になるような人は、Measyのようなサービスを使わずに、自分で仕様を調べて買う機種を決められる人だろう。

でも、スマートフォンの機種選択サービスは今日立ち上げたばかりだから、機種のデータベースがまだ充実していない。たとえばブランドとしてNokiaを選ぶと、iPhoneを薦められる。というか、結果がiPhone 3GSまたはMotorola Droidになってしまう場合がとても多いのだ。でも、今は、生きて呼吸をしている推薦エンジン(家族内の技術通)の推奨機種もやはりそうだから、無難な結果だともいえる。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))