chartbeat
BetaWorks

Chartbeat、TypePadおよびDreamHostにてリアルタイムアクセス解析サービスを提供開始

次の記事

ホリデープレゼントにはChromeを。Googleがプロモーションサイトを開設

Google Analyticsのトラフィック分析につき、更新頻度の面で不満があるならChartbeatを試してみる価値があるかもしれない。提供元はBetaworksで、サイト運用者にリアルタイムでの分析機能を提供する。サイトへの訪問者数をリアルタイムで表示し、どのページが人気を集めており、どこから訪問者がやってくるのかを表示してくれる。またサイト表示がスローダウンしてしまった場合や、サーバクラッシュの通知も行ってくれる。ブログ運用者にとっても非常に便利なサービスだ。

本日(米国時間12/14)、Six ApartのブログホスティングサービスであるTypePadは統計情報表示ページにて、このChartbeatが使えるプロモーションを開始した。ホスティングサービスを展開するDreamHostは、ダッシュボードページにて現在の訪問者数および参照元サイトをホバーオーバーで表示する、より強力に連携したサービスを提供している。またChartbeatにはiPhoneアプリケーションもあり、こちらでは訪問者数が急増したときや、サイトのダウン時に通知するサービスを提供している。

ちなみにTypePadおよびDreamHostで提供されるリアルタイム分析は無償ではない。30日間のトライアル期間の後、月次で$9.95の費用が課金される。またTypePad Proのアカウントを持っている人は30%の割引となっている。Chartbeatとしては機能を気に入って有料利用者を増やしたいという希望を持っている。ただGoogle Analyticsがログ解析を無償で提供している現在、有料利用者を獲得していくのはなかなか厳しい道程ではあるだろう。

Marked up Dreamhost panel


Chartbeat Screenshot 1

原文へ

(翻訳:Maeda, H)