RedLaser

iPhoneアプリで大金をつかむチャンスはまだある―バーコードリーダーのRedLaser、75万ダウンロードで100万ドルを手に

次の記事

きみの体にぼくの顔を付けたら最高のキャラだね–そこでGizmozとDaz 3Dが合併

〔この記事の執筆者はGagan Biyani

RedLaserそう、まだ手遅れではない。PR予算ゼロの無名のデベロッパーがiPhoneアプリで100万ドルをつかむチャンスはまだあることが判明した。バーコードリーダー・アプリのRedLaser [iTunes Link]の開発販売元、Occipitalは金鉱を掘り当てた。

念のためにおさらいしておくと、スタートアップ・デベロッパーにとってiPhoneで成功するのは日毎に難しくなっている。AppStoreには大企業がどんどん進出しており、トップ50に入るアプリの大半は潤沢な販促/PR予算がついている。そうでなければオープン当初からApp Storeのにいる老舗デベロッパーのアプリが定番のシリーズ化しているような場合だ。

最近私が話をしたデベロッパーは全員がApp Storeで成功するのは難しくなってきたと言っている。単にアプリを登録しただけではとうてい成功はおぼつかない、というのだ。ただし、とんでもなく優れた製品の開発に成功した場合は別だ。その場合は放っておいても顧客は向こうから群れをなしてやってくる。それがRedLaserに起きたことだった。

RedLaserはApp Storeの有料アプリのトップ5にここ3ヶ月ランクインしている。しかも広告販促予算は事実上ゼロだ。共同ファウンダーのJeff Powersは「登録したのは5月だったが、当初は何の反応もなかった。アップデート版(これでやっと実用的に動くようになった)を出した後、劇的にセールスが伸びた」ということだ。このアップデートは事実上まったく新しいアプリをローンチしたのと同じようなものだったが、メディアに完全に無視された。そうするとRedLaserのその後の大成功は純粋にクチコミによるものと推定せざるをえない。たぶんそれが正しいのだろう。簡単に商品の値段をチェックできる使いやすいアプリを手に入れたら、それを使いときについ友達に自慢したくならないだろうか? 下のグラフはアップデート版のリリース以後の急激なセールスの伸びをよく表わしている。

RedLaser-Growth

RedLaserの途方もないセールスの勢いは当分止まりそうもない。10月、11月、そして今月もすでに半ばになっているが、ずっとトップ5の座にある。iPhoneアプリはたとえトップ10に入っても一瞬のことなのが普通だ。3ヶ月も連続してトップ3というのは尋常ではない長さだ。クリスマス商戦後の落ち込み期を乗り切れるか注目だ。しかしいずれにせよ、TechStarsから登場したOccipitalは、インディー・スタートアップでも優れた製品さえ作ればApp Storeで大成功を収めることができることを実証した。

社員たった2人のOccipitalは$2のアプリを毎日平均6千回販売し、優に$1M(100万ドル)を超える売上を確保した。さらにクリスマス商戦に突入して、メディアの注目も集め始めている。今週はのWSJ.comのトップを飾るMartha Stewart Livingで取り上げられた。RedLaserのダウンロード回数は最近1千回ほど増加したが、OccipitalではMartha Stewartのビデオショーでの紹介が原因だろうと見ている。

RedLaserは曲面に印刷されたバーコードや照明が暗い場合でも驚異的に高い認識率を誇る。私はカメラをしっかり構えるのが苦手なので読み取りに少し苦労する場面もあったが、肘を胸にしっかり付けるようにすると問題は解消された。RedLaserは読み取ったバーコードをTheFindという商品データベースに送って検索する。食品の場合はDailyBurnのデータベースから栄養分析データが入手できる。商品データベースはユーザーの所在地の付近の小売店とオンライン通販ショップを検索し、価格比較データを送り返してくる。それはそれで便利なのだが、惜しむらくは、夫婦2人でやっているな近所の小さな店の情報が入手できない点だ(そういう店の経営者は商品データベースに価格情報を登録する手間をかけたがらない)。

App StoreにはさらにGood Guide、GroceryIQ、CorksといったRedLaserのバーコードリーダー機能を利用したアプリが12種類提供されている。価格はそれぞれ$0.10程度だが、ユーザーが各種アプリを繰り返し購入してくれるためにありがたい収入源となっている。

Jeffは「われわれはモバイル・コンピューティングのビジョンを追求している。近い将来もっとクールな製品をリリースする予定だ」という。しかしとりあえずApp Storeに行ってRedLaserをダウンロードしてクリスマスの買い物に備えるのが賢明だろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01