Google LabsのBrowser Sizeは重要なコンテンツのページ上の位置決めを助けてくれる

次の記事

[CG]サイスターは息の根を止められた

Webデザイナーたちにとっては、ふつうのユーザが気にもしないことが、厄介千万な問題になることが頻繁にある。Webの標準規格を無視しているブラウザや、ユーザごとの画面解像度の違いなど、デザイナーたちがきめ細かく対応しなければならないことが、山ほどあるのだ。今日(米国時間12/16)GoogleがGoogle Labsの新しいツールとして発表したBrowser Sizeは、デザイナーたちのそんな悩みの一つを解決してくれる。

Webデザイナーが抱える課題の一つは、重要なコンテンツをページの最初に表示される部分の中に収めることだ。重要な記事や、ユーザのアクションを求める要素が、スクロールしなければ見えない部分にあったらだめなのだ。Browser Sizeは、デザイナーが作ったページの、どの部分が、ユーザの何パーセントに見えるか、ということを教えてくれる。そうすると重要な記事は、そのパーセンテージのなるべく高い部分に置けばよいわけだ。その数値は、画面の解像度だけでなく、ユーザのブラウザウィンドウの大きさによっても違う。

このツールの使い方は簡単で、ページのURLを入力するとBrowser Sizeがそのページを読み込み、その上に、「ここならxxパーセントのユーザに見えるよ」というパーセンテージデータを、半透明のグラフィクスとして表示する(下のスクリーンショットを見て)。まあ、画面の下のほうや、右端に近いほうはパーセンテージの値が当然低くなるから、Browser Sizeの結果を見ても意外感はない。でも、領域を具体的に示してくれるから、Webデザイナーにとっては助かるだろう。

そのデータは、google.com(Googleの検索サイト)を訪れるユーザのブラウザのサイズに基づいている。Googleによると、Google Earthのインストール数はページ上の位置を100ピクセル上げただけで10%も増えたそうだ。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))