Facebookも、パーティーをやめて慈善団体に寄付

次の記事

[jp] レポート:StartupMeeting -iPhone アジアからどう攻める?

今日(米国時間12/21)、Googleが恒例のプレゼントを広告パートナーに贈る代わりに、慈善団体に$20M(2000万ドル)寄付することにしたという記事を書いた。どうやらFacebookも同じようなことをするらしい。いろいろな友人や報道関係者に送られたメールによると、Facebookのコミュニケーション&ポリシーチームが、今年のホリデー・パーティーの代りに、寄付に使える$25のバーチャルトークンをプレゼントするという。

メールにはこう書かれている、「今年のパーティーに替えて、あなたに代り、困っている米国内の学校に$25を寄付します。DonorsChoose.orgに行って、上に書かれているコードを入力し、支援するプロジェクトを選んでください。」 また一つ、シリコンバレーのビッグプレーヤーによる粋な意思表示だ。もちろん、パーティーが増えるよりずっといい(実際ここでは毎日のように行われている)。

タダで飲めるのもいいが、困っている生徒たちを助けるのはもっといい。

1261427848910_853d3

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)