flixter

Flixsterユーザーが選んだ2009年トップ映画―アバター、スタートレック、The Blind Side

次の記事

Google Nexus OneはT-mobile2年契約で$180、完全アンロック、キャリヤ契約なしで$530


アカデミー賞や映画批評家なんかどうでもいい。それよりムービーSNSのFlixsterのユーザーの選んだ結果を見てみよう。Flixterによるとメンバーは2009年に映画についてのコメントを5500万回残しているという。Flixterはこのコメントに基づいたランキングのリストを発表した。堂々の1位はアバターで92%が良いと評価している。(批評家は83%)。 2位はスタートレックで91%、続いてThe Blind Sideが90%で3位となった。

逆に「良い」の評価率が最低だった映画はホワイトアウト (35%)、Year One (32%)、ドラゴンボール Evolution (30%)、Streetfighter,The Legend of Chun-Li (30%)、Transylmania (25%)となっている。私は個人的にトランスフォーマー/リベンジを最低映画のリストに加えたい。しかしこの映画、現在2009年のトップ興行収入を稼ぎ出しているのだが。

以下はトップ10リストだ。

  1. Avatar〔アバター〕 (92% 「良い」評価率。以下同様)
  2. Star Trek〔スタートレック〕 (91%)
  3. The Blind Side (90%)
  4. Up in the Air〔マイレージ、マイライフ〕 (88%)
  5. Inglourious Basterds〔イングロリアス・バスターズ〕 (87%)
  6. The Hangover〔ハングオーバー〕 (87%)
  7. Zombieland〔ようこそゾンビランドへ(仮)〕 (87%)
  8. Up〔カールじいさんの空飛ぶ家〕 (86%)
  9. Michael Jackson’s This Is It〔マイケル・ジャクソン THIS IS IT〕 (85%)
  10. Taken、I Can Do Bad All By Myself (2作同率、83%)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01