ニュース
WeeklyTop10

[jp] 翻訳者と振り返る2009 TechCrunch Japan Top30

次の記事

ホリデー期間のオンライン消費、絶好調の家電が引っ張り$27Bを達成。

こんにちは、日本語版編集部です!今年も残り僅か、2009年はみなさんにとってどんな年でしたか?昨年に引き続き、翻訳チームと一緒にみなさんが最も読んだ記事30本を振り返りたいと思います。

[編集部注:コメントしている翻訳者は下記の通り。リンクはTwitterアカウントです。編集部は(編)]

滑川海彦/namekawa01:()|Nob Takahashi:(Nob)|Maeda, H:(M)|iwatani(a.k.a. hiwa):(hiwa

年間ページビューランキング:1位〜10位

【1】無料ウェブ版が全面的に登場―Microsoft Office 2010完全ガイド(スクリーンショットあり)

-Googleドキュメントの強化に対してMSはOfficeの無料クラウド化で対抗。Google vs. Microsoft戦争の行方を占う最前線。やはり関心高いですね。()-Excel on cloudとGoogle Docs spread sheetとどっちがいい? いい方使おう。(hiwa)-そもそもオフィス系ソフトウェアを使わなくなってきたな。(M)-そこですかw(編)

【2】Bingは最高のエッチ系検索エンジンだった

-写真の場合はサムネールが大量に並びます。動画はマウスオーバーでサムネールのまま再生開始。2クリックで成人フィルタ解除。…なるほど。()-画像検索一般としては、インデクス(orタグ)情報の質の良いGoogleがベター。最近は大群衆を壁紙にしたいので、crowdで比較してみた。(hiwa

【3】今年発表のiPhoneアプリ、ベスト35

-Michael Arringtonが「iPhoneをやめた」という大事件?があったにもかかわらず、iPhoneの話題の多さは変わりませんね。(Nob)-消費者向けマーケティングセンスではApple以外はすべて「ださいオジサンたち」。勝負にならない。However, I believe computer should not make people mere consumers.(hiwa)-年末の「発表! 2009年ベストiPhoneアプリ、全30(ゲーム15)種類一挙紹介」もよろしく。(

【4】Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)

-Evernoteは着実に進化を遂げてますね。(編)-それにしても、Evernoteはいつの記事だよ!(Nob)-あ、2007年・・ (編)

【5】[CG]マイケル・ジャクソンのステージで使われた不思議な仕掛け

-他愛のない話なのですが、TechCrunchというよりKing of Popsの力。(Nob)-たしかに。(編)

【6】とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介

-イスラエルの美人すぎるブロガー、Orli Yakuelの徹底レビューはたいへん便利でいつも好評。しかしこの記事のはてブ1071個は驚異的。日本でのChromeと特にエクステンションへの期待はそうとうのもの。()-はてブ1,000超えたのはこれが初めて。(編)-エクステンションがないからと移行を躊躇っていたChrome。気づけばいつの間にかデフォルトブラウザになっていました…(M)-Macまだかなー(編)

【7】大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ

【8】Google Waveがダメな理由、それでも使うようになる理由

-Google Waveを新しいツールとして編集部のツールにしようとしましたがあえなく断念。。。(編)

【9】悲しいお知らせ:CrunchPadは始まる前に終わってしまった…

-とんだ食わせ者のパートナーを選んだばかりに….()-日本語版にも残念がるコメントがつきました。(Nob)-すごい待ってたのに!!(編)

【10】Google社員が辞める理由

-ものすごい長いコメントで全訳あきらめた記事です。(編)

ページビューランキング:11位〜20位

【11】URL短縮戦争:TwitterがTinyURLを捨て、bit.lyを採用

-bit.lyは今や「短縮URLの巨人」状態。Google、Facebookの参入にも安泰か。(Nob)-bit.lyの統計情報集計機能は面白い。毎日眺めています。(M)-これがないとTwitterで更新情報だせないですからね。(編)

【12】Twitterのぴかぴかの新本社オフィス、社員がみせびらかし中(写真多数)

-よくみるとちょっとチープなアイテムがまざったりしているのが笑える。(M)-Home Tweet Homeっていい感じのフレーズですよね。(編)

【13】Googleが社内で使っていたWebサイト高速化ツールを一般公開

【14】日本のベストiPhoneアプリ32種一挙紹介―すべて英語版あり

-iPhoneアプリ関連の記事は本当にアクセスが集まりました。(編)

【15】インターネットが新聞やテレビを滅ぼす確証を今朝のタイガー・ウッズ事故報道にまざまざと見た

-Twitterの登場でブログの価値や速報性がさらに再認識させられた記事でした。同時にウェブ報道の難しさも・・・(編)

【16】[CG]無数のウェブカメラで撮られた驚くべきミュージックビデオ

【17】ネット史上最大の惨事のひとつ発生―Microsoft Danger、T-MobileのスマートフォンSidekickのユーザーデータのすべてを失う

【18】Chrome OSを今すぐ使って見たい人はこうする–仮想マシン上だから簡単・安全

【19】生き残るためには、売ることがすべて

【20】各社Android機の世界的大洪水始まる: 全機種の仕様を表にまとめました

-iPhone乗り遅れ組としてAndroidに期待しています。(M

ページビューランキング:21位〜30位

【21】ターミネーター知事、カリフォルニア州議会に公文書でF*** Youと宣言

-英文の公文書で縦読み罵倒は珍しい。シュワ氏知事引退後はターミネーターに復帰を期待したいとこ。()-テクノロジー以外の話題が載ることは本当に珍しいです。(編)

【22】[CG]iPhone 3.0でテザリングを可能にする方法

【23】新聞に拒否されてもGoogleは痛くも痒くもない–という驚異の調査結果

【24】iPhoneでとうとうGmailのプッシュ通知が実現―意外にもMicrosoftのおかげ

【25】私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由

-TechCrunchはこれ以降Appleの独善的体質に批判を強めています。()-でもApple大好きには変りないのですよね・・・・全員Macだし。(編)

【26】マイケル・ジャクソン死亡の重みに耐えかねウェブが倒壊

【27】『アバター』は映画の未来にiPhone登場なみの衝撃を与える

-Mike Arrington、「ストーリーはポカホンタスとダンス・ウィズ・ウルブズの焼き直しでどうということはないが、3Dが文句なしにすごい。映画産業はこれから3D化する」とのご託宣。()-3Dになっても「映画」と呼ぶのかな。周辺でも「一度見ておかなくちゃ」の声が多いみたい。(M)-観てきました!3Dメガネが賛否両論ですが、100点満点!!(編)

【28】3G iPhoneをYellowSn0wでアンロックする方法

【29】大統領就任式を真上から見ると(最初の衛星写真)

【30】GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS

-今年最大の技術系の話題はChrome OSでしょうか。Googleの考えるインターネットの全面クラウド化の扇の要となる要素ですね。(-来年はさらに本格化しそうですしね。(編)

いかがでしたでしょうか?日本語版編集部、翻訳者と共に2009年を振り返ったTop30。読者のみなさんあってのTechCrunch Japan、新しい年もみなさんと一緒にこのサイトを作っていきたいと思いますので、2010年も応援どうぞよろしくおねがいします!

追伸:編集部&翻訳チームから読者のみなさまへ、ヒトコト。

滑川海彦/namekawa01

読者の皆さんのご愛読のおかげでTechCrunch Japanもまた1年サバイバルしました。来年はさらに飛躍の年にしたいです。日本についてはなにかとネガティブなニュースが目につきますが、Tonchidotの記事にもあったように思い切り上を見ていきましょう!

年明け早々にGoogle直販のAndoroid携帯が発表されます。Appleのタブレット(iSlate?)の登場今年前半か。さらにGoogleブランドのChrome OSネットブックも次第に具体的な情報が出てきてます。Kindleは紙の出版を追い越す勢い。GoogleがAppsを企業に売り込めばMSはOfficeを無料クラウド化するなど「タイタンの戦い」も激化。iPhone以後、画期的なプラットフォームが続々登場してます。時代が動けばビジネスチャンスが広がります。

テクノロジーからビジネスまでシリコンバレーのホットスポットからディープな情報を発信するTechCrunch情報が必ずお役にたつと信じてます。

Nob Takahashi

今年もご愛読いただき、本当にありがとうございました。「本家は超有名、日本ではマニアック」と自嘲気味だったのですが、おかでさまで今年はオンラインのみならず、リアルの場面で読者の方々と接する機会を何度も経験することができました。

iPhone、Google等のホットな話題だけでなく、TechCrunchならではのクールな話題もどしどしお送りする予定ですので、どうぞお楽しみに。そして、コメント欄でも本家並み、とはいかなくても、活年な議論を期待しております。

Maeda, H

ITビジネスコミュニティの中で、「そうなのか」とか「なるほど」などの気づき体験を共有できれば嬉しいです。そしてたまには「それはないだろう」というお笑い方面の感動(?)も、個人的には狙っていきたいのです。

iwatani(a.k.a. hiwa)

jpTCの翻訳記事はコメントがほとんどなく、毎日々々、南極の台地か北極の入江なみに寒かったですが、最近は有益で楽しいコメント(や***バック)がちらほら増えてきて、jpTCの温暖化は訳者にとっても嬉しい現象です。やりがいが、出てきます。

これからも、ひまつぶしをしたいときは、jpTC温暖化にぜひ一石を投じてくださるよう、お願いいたします。そしてご一緒に、春らしい春を迎えましょう。

[編集後記 by TechCrunch Japan/DESIGN IT!,LLC.)]

日本語版編集部は大きな変化がありました。新しく東京CampStartupMeetingという二つのイベントを通じて初めて読者のみなさんとお会いしたことです!読者のみなさん、スタートアップのみなさんとお話することで日本語版がやるべきこと、みなさんに期待して頂いていることが沢山わかって本当によかったです。

シリコンバレーの情報を翻訳で綴った2006年からの3年間。2010年、私達の新しい使命は日本のスタートアップをセカイに伝えることです。ウェブ、テクノロジ、ガジェット。新しい年は日本のスタートアップをもっと伝えるべく、イベント、記事共にさらにパワーアップしてまいります。(といいつつ、まだまだよちよち歩きですが!)