itablet
islate
gruber

[CG]John Gruberの考えるタブレットとは?

次の記事

AppleとiPhoneのための新年の誓いを勝手に書いてみた–マルチタスクをやれー,メディアからアプリをロードさせろー

scaled.2320018061_3e8bb69ab6

達人John Gruberの登場だ。みんながあれこれ騒いでいる間も、Gruberは髭をしごきながら静かに思いを馳せる。彼思うには、タブレットはホンモノだ。リークやモックアップはホンモノじゃない。情報筋はみなアップルのベストデザイナーたちが姿を消したという。そしてスティーブはタブレットブロジェクとがお気に入りだと。

Gruberの長文の記事日本語参考]は必読だ。

私はタブレットが電子リーダだと考えるだろうか?それともビデオプレーヤ?それともウェブブラウザ?それとも書類を読むデバイス?問題は「それとも」ではなく「および」ということが重要なのだ。私はこれらすべてのことが出来るものだといいたい。それはコンピュータなのだ。

したがって「iPhone や MacBook をすでに所有しているのになぜタブレットを買いたいと思うのか」という最大の疑問に対して私が考え得るベストの回答はこうだ。「タブレットとは MacBook の代わりに買いたくなるものだ」と。

何のことだか分るだろうか?タブレットはもうひとつのマックなのだ。そうだ、よりよいiPodでも、よりよいTouchでも、よりよいタブレットでもない。それはアップルが出す新しいコンピュータなのだ。

夢がかないますように・・・

[原文へ]

(翻訳:shiro)