ニュース
TechCrunch
Google / グーグル(企業)

Chrome用拡張機能に、いつでも最新記事をチェックできる「TechCrunch」登場

次の記事

Twitterで使いたいハンドルが利用可能かどうかをチェックして、ハンドル名のドメインが取得可能かどうかもチェックしてくれるTweexchange

2008年9月に発表されて以来、ずっとGoogleのChromeブラウザを利用している。もちろん目的に応じて、他のブラウザも併用してはいた。しかしChrome用拡張機能使えるようになり、FirefoxやOperaを立ち上げる機会は減りつつある。2010年にはChrome以外を使う機会がさらに減少するだろうと踏んでいる。Google Chrome Extensionsのページはまだベータ版ではあるが、Chromeブラウザで使える便利な拡張機能が数多く用意されている。

そんな中、自称TechCrunch中毒でIllinois Institute of Technologyの学生であるViggnesh Kandasamyが、TechCrunch(米国版)の最新情報を表示させるChrome用拡張機能を作成した。作成の動機はChrome版拡張機能を作ってみたいということだそうだ(TechCrunchファンの人に役立つものを作ってみたいという動機もあったとのこと)。

今回発表された拡張機能はごく基本的なものだ。インストールするとトップニューにアイコンが表示され、クリックするとTechCrunchで公開された最新4記事が表示されるようになっている。タイトルをクリックすると「Read More」リンクの前に掲載されている抜粋部分が表示される。また記事へのリンクをTwitter and/or Facebookで簡単に共有することもできる。またTechCrunchないしCrunchBaseに掲載されている企業や人物を検索するための検索ボックスも用意されている。

この拡張機能に実装してもらいたい機能は何かおありだろうか。

コメント欄に要望を書き込んでもらえば、きっと作者も見てくれるだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)