ZumoDrive、ヒューレット・パッカード社と提携してミニノートにストレージ及び同期技術を提供開始

次の記事

Nexus Oneの生みの親、Andy RubinにはSteve Jobs2世のにおいがする

ファイルの同期サービスないしストレージサービスを手がけるZumodriveから最新ニュースが届いた。ヒューレット・パッカード社がHP Miniシリーズ全てに2010年1月より搭載するCloudDriveについて技術面で提携を行うこととなったのだ。ZumoDriveの技術を採用したHP Cloud Driveでは、ネットブックを使って素早くかつ簡単に、端末に搭載されている記憶容量以上の容量を持つ音楽、ドキュメント等にアクセスできるようになる。ZumoDriveについてはこちらの記事で最初に取り上げている。

ZumoDriveの運営はY Combinator発のスタートアップであるZecterが手がけており、他のファイル同期サービスとは一味違ったサービスを提供している。他のサービス同様、ZumoDriveはネットブックやタブレットなど、記憶容量の限られた端末をターゲットとしており、ローカルディスク上にクラウドと同期するドライブを作成する。但しZumoDriveは、クラウド上に作成された記憶域をローカルなものと見せかけ、そこに保管されたファイルにアクセスする際にデータをストリーミングする独自技術を採用している。

ZumoDriveは最近新しいバージョンも発表しており、これによって種々のデバイスから音楽プレイリスト、フォトアルバム、ドキュメントフォルダにアクセスできるようになった。コンテンツをクラウド上に保管しつつ、まるでローカルのハードディスクであるかのように見せかけ、アクセスしてきた端末に対してはローカルコピーを作成するのではなく、ストリーミングを行ってデータを利用させる。ネットブック等、ディスク容量の少ない端末の利用者にとっては、まさにキラーアプリケーションとなるものだ。またiPhoneアプリケーション版もあり、ローカルの記憶容量を気にせずデータを保持することができるようになっている。また、iTunes等の各種メディアアプリケーションとの連携も深め、ZumoDriveに保管した音楽ライブラリを手動で同期したりする必要なしに複数端末で演奏することができる。

このZumodriveの技術を採用したHP CloudDriveでも音楽、ビデオ、写真などのiTunes、iPhoto、Picasa、およびWindows Media Playerへのストリーミング、オフラインアクセス、iPhoneアプリケーションを利用してのモバイルアクセス、フォルダのリンク、プレイリストの同期、ファイル共有、また他のアプリケーションが採用している各種ドライブ設定など多くの機能を実装している。

今回の提携により、昨年末に$1.5M(150万ドル)を調達したZumodriveは利用者層を広げることとなるだろう。Zecterは他にもオフィス版ウィキプロダクトであるVersionateの提供も行っており、これについては2007年に最初の記事を掲載し、2008年にも記事を掲載している。ZumoDriveの競合にはDropboxSugarSync、およびBox.netなどがある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)