Nexus OneがWeb閲覧のシェアを着々と獲得中

次の記事

[jp] Startup Weekend Tokyo:問題そのものが問題 -Wishcoveryは問題解決のプラットホームを目指す

ご存じのように、Nexus Oneがついに発売された。火曜日(米国時間1/5)のGoogleによる発表の直後から、アクセス分析屋のClickyが、Nexus Oneもレポートに載せ始めた。そしてその、ものすごく初期の結果が、なかなかのものなのだ。

今日(米国時間1/7)は、ClickyがNexus Oneを含めたデータを公表する最初の日だが、Clicky Web Analyticsを使っている17万あまりのWebサイトにおいて、その…モバイル分野全体における…閲覧シェアは0.61%だ。これに対し、発売から2か月経つDroidのシェアは5.35%、Androidケータイ全体では7.44%のシェアだ。わずか1日だけのデータだが、注文してもまだ手元に届いていない人がほとんどで、使われているのは主に、Googleが(ブロガーなどに)提供した試用機のはずだから、この数字はたいしたものだと言える。

さらに興味深いのは、iPhoneのデータだ。つまりそれは、下降ぎみだ。これもわずか1日のデータだが、iPhoneの閲覧シェアはNexus Oneの登場後、まるまる1%減少した。Nexus Oneの試用機が、いつも以上に酷使されているせいだとは思うが、でも、今後各社/各キャリアからいろんなAndroidケータイがどどっと出回るようになると、‘1メーカー1キャリア主義’を固持しているiPhoneの現在の圧倒的なシェア(約45%)も、安泰ではいられなくなるだろう。

Screen shot 2010-01-07 at 3.08.40 PM

[thanks Sean]

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))