携帯タッチスクリーンの正確性をテスト―iPhoneがトップ、僅差でNexus One

次の記事

Crunchies賞の受賞者が決定–頓智ドットもノミネート, Facebookは総合部門で三連覇の偉業

〔後半のみ訳出〕

MOTO Development Groupは今朝(米国時間1/9)、誰でもできるタッチスクリーン性能テスト の結果を発表した。対象はNexus One、iPhone、Motorola Droid、HTC Droid Erisの静電容量タッチスクリーン。

下の画像はそのテスト結果だ。MOTOのテストはスクリーン上に指でゆっくり斜め格子を引くというもの。〔結果が直線に近ければ近いほどトレースが正確だとわかる。〕 圧力を強くかけた場合、中程度にかけた場合の2通りのテストをしている。以下はMOTOの総合評価だ。

iPhoneのタッチセンサーが階段状の歪みがもっとも少なく、いちばん直線に近く描画した。Droid ErisとNexus Oneはほぼ同程度で2着。わずかなブレが見られるものの、スクリーンの端ではかえってiPhoneより歪みが少なかった。Motorola Droidはこの中では最下位だった。直線であるべきところにはっきりした階段状のブレが見られた。

読者は使用中の携帯電話のタッチスクリーンに満足しているだろうか?

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01