ニュース
yahoo shopping api
Yahoo
DEADPOOL

次々とサービスの自社提供を停止するYahoo。Shopping APIの提供も3月まで

次の記事

ImageShack、写真や動画の共有機能を強化した新版iPhoneアプリケーションをリリース

Screen shot 2010-01-11 at 1.51.35 PM少なくとも筋は通っていると言うべきか。技術系企業が次々に新しいプロジェクト開発を再開して活況を呈する中、Yahooは各種サービスを停止しつつある。

この度自社でのサービスを停止するのはShopping APIだ。米国時間1月11日のブログ記事にて2010年3月11日をもってサービスを停止する旨アナウンスされた。理由はYahoo ShoppingにおけるサービスをPriceGrabberに委託する話がまとまったためだ。自社でのサービスを停止するというだけなら良いが、現在Yahoo Shopping APIを利用しているプログラムも動かなくなる。新たな方式に移行するのもなかなか大変な作業となる。Yahooの発表によれば、Yahoo Shoppingの機能を使い続ける人は、PriceGrabberに申請して許可を得る必要がある。これは面倒な話だ。

最近のYahooは次々とサービスのアウトソーシングを行っている。たとえば先月にはソーシャルネットワーク分野の拡充を諦め、その方面はFacebookにおまかせとする決定を行った。もちろん誰もが知っているように、コアサービスであった検索についてもYahooはこれを手放してしまった。これは間もなくマイクロソフトBingのトップに位置する一階層となる。MyBlogLogなどの他プロダクトについては今後の方針のアナウンスはないが、現在の動向から見ると切り売りされることになるのではなかろうか。

そういえばひとつだけYahooが自社のものとして新たに取り組んでいるものがあった。2010年にはYahooの自転車チームがスタートすることになっている。

[photo: flickr/gregorygameswalsh]

原文へ

(翻訳:Maeda, H)