ImageShack、写真や動画の共有機能を強化した新版iPhoneアプリケーションをリリース

次の記事

落ち着け―Facebookのプライバシー方針に文句をつけても意味ない

メディアファイルのホスティングを行っている大手であるImageShackが本日(米国時間1/12)、iPhoneアプリケーションのImageShack Uploaderの最新版を発表した(iTunesのリンクはこちら)。この最新版では撮影したビデオや写真をImageShackのみならず、YouTubeやTwitterなどで簡単に共有できるようにもなった。

このImageShack Uploader 2.0は無料アプリケーションで、iPhoneのカメラを使って動画および写真の撮影を行う。そして撮影したものを直接ImageShackサーバにアップロードすることができるようになっている。

またリアルタイム写真共有サービスのyfrogと連携することで、写真やビデオをTwitterに直接アップロードすることもできるようになった。もちろん既に撮影したものをTwitterで公開することもできる。動画の場合にはYouTubeに直接アップロードするオプションも加わった。

数カ月前には、yfrogもウェブカメラで撮影した写真やビデオを直接リアルタイムで共有する機能を発表している。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)