iPhoneアプリのWobbleを作った男がどうしてもTechCrunchに載りたくて、金を払うと言っている

次の記事

Oneforty、Twitter向けアプリのオンライン販売、App Marketplaceをスタート―$1.9Mを調達

本編集部には時々、金を出すからTechCrunchに記事を書いてくれ、という申し出がある。この手の売り込みを記事にして、金で誌面を買おうとする輩がいる、ということを世界に知らしめることもある。しかし、大抵は無視する。

今回は、そんなやりとりを公開しようという場合である。なぜなら、このJon AthertonというiPhoneアプリのWobbleを作った男(昨年(もちろん無償で)彼らを紹介した記事がこれ)は、どうしても諦めないのだ。最新の提示は、新バージョンのWobbleを宣伝する記事を書いてくれたら$1000というもの。

やりとりの大部分を以下に引用してある。Athertonは当初$300と言っていたが、われわれが断わると$1000に値上げしてきた。彼は「広告記事のようには見えないはず」とも「TCがうまく書いてくれたら、すぐに支払う」と約束した。

それではJonさん、これが貴殿のための記事です。支払いは、赤十字のハイチ地震基金にお願いします。悪行の帳尻は合わせてもらわないとね。

2010/1/14 Robin Wauters:

もうやめてください、ウチではそういうことはやっていません。

その$1000は寄付するといいでしょう(例えばハイチなど)

Robin Wauters
TechCrunch ライター

On Thu, Jan 14, 2010 at 6:31 PM, Jon Atherton wrote:
Robinさん、今すぐお返事をくださるようお願いします・・・

2010/1/13 Jon Atherton
Robinさん、返事もくれないつもりですか?

2010/1/13 Jon Atherton

Robinさん、私はこの記事に1000米国ドルを出すと言っているんですよ。
われわれのアプリケーションが優れた技術資産であるという事実を強調することは
TCがうまく書いてくれれば、記事広告のようには見えないはず
すぐに支払いするつもりなので、急いで返事をください
Jon

2010/1/13 Robin Wauters:

どう思うかって? これが貴社にとって最高のマーケティング戦略だと思うと
実に悲しくなります。

Robin Wauters
Writer, TechCrunch

On Wed, Jan 13, 2010 at 12:04 PM, Jon Atherton wrote:

どうも
GlentwoodのJon Athertonです。Wobbleの開発者です。

Wobbleの新バージョン(Wobble 2)を作っています。
この新バージョンを宣伝するために、オリジナルのWobbleをもっと売って、
新アプリを口コミで広げたいと思います。

そちらでWoobleの記事を書いて、その中で新バージョン(Wobble 2)について
触れてくれたら、300ドル(米ドル)払うつもりがあります。
記事を公開して、リンクを送ってくれたらすぐに支払いできます。
paypalのアドレスを教えてください。

どう思うかお知らせください

よろしくお願いします

Jon Atherton.

Get WobbleApp in the AppStore ! http://bit.ly/89c8RR
http://www.wobbleapp.com
Twitter : http://twitter.com/tunes
Phone +61 7 3102 4608
Email : wobbleapp@gmail.com

画像提供:Newsweek

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)