ビル・ゲイツ、Facebookに復帰。Twitterアカウントも作成

次の記事

New York Timesのオンライン従量課金プラン―メーターの針は大きく振れそうにない

ビル・ゲイツは昨年夏、膨大なフレンドリクエストに対処できないためにFacebookをやめることにした旨をアナウンスした。このニュースにはがっかりした人も多かっただろう。ビル・ゲイツ曰く「あまりに大変で、とても続けられないと判断した」とのことだった。しかしどうやら米国時間1月19日に復帰を決めたようだ。新たなFacebookページを立ち上げ、またTwitterアカウントも作成した(@BillGates)。

ビル・ゲイツのTwitterでの発言を最初に報じたのはTheNextWebで、発言は概ねハイチに関するものだ。この大災害がソーシャルメディア復帰への後押しともなったようだ。オバマ大統領も最近ハイチの救護センターから最初のツイートを行っている。その他にも多くのセレブたちがTwitterを使って寄付を求めている。ビル・ゲイツのTwitterアカウントは間違いなく本人のものであるとTwitterにより確認されている。

Facebook.com/BillGatesのページについてはFacebookの確認待ちだが本人のものであるように思われる(Update:Facebookは、アカウントがビル・ゲイツ本人のものであることを確認した)。このアカウントは先月のうちに作成されていたが、少し前まで全く更新されていなかった。ちなみにTwitterとFacebookのアカウントでは同じプロフィール写真が使われている。Facebookの方の最初の投稿はチャリティ団体のBill & Melinda Gates Foundationへのリンクだ。Microsoft.comへのリンクも投稿されているが、まあこれはお約束ということだろう。他にはアフリカやインドに旅行した際のフォトアルバムや、卒業した学校へのリンクなどが投稿されている。

米国版のコメントにあるように、ビル・ゲイツは以前のように膨大なフレンドリクエストに対処しなくて済むようになったようだ。TwitterもFacebookページの方も、ビル・ゲイツの手を煩わす事なく誰でもフォローできるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)