Opera MiniでFacebookが最大のSNSに―Twitterの成長は28倍

次の記事

TechCrunch、一時乗っ取られる

ノルウェイのユニークなブラウザのメーカー、Operaは今朝(米国時間1/26)、同社の携帯ウェブ・ブラウザOpera Miniについての最新の統計を発表した。携帯を利用したソーシャル・ネットワーク活動の急速な成長ぶりが今回のレポートのハイライトだ。2009年のトラフィックで、Facebookが初めて最大の携帯SNSの座につく一方、成長率ではTwitterが圧倒的な差でトップとなった。

Operaによると、2009年にFacebookは 600%以上成長し、ロシアの人気SNS、VKontakteを抜いた。Opera Miniはロシアを始め東欧諸国で大きなシェアがあるため、従来はVKontakteがトップSNSだった。

一方、成長率に関してはTwitterが1年間で2800%以上を記録し、大差で1位となった。

Operaによれば、携帯SNSの成長は世界的なトレンドであり、Friendsterを大きな例外として、他のすべてのSNSが大幅にトラフィックを増加させている。

2009年12月には 4630万のユーザーがOpera Miniを利用した。これはan同年11月に比べて11%の増加で、対前年比では159%の増加となる。12月に4630万のユーザーは207億ページを閲覧した。

ページビューの伸びは11月と比較して10.1%、対前年比では223%とこれも好調だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01