[jp] 2月26日東京Camp vol.2 Demopit参加募集のお知らせ

次の記事

市民ジャーナリズムのサイトAllVoicesが$3Mを調達してCNNのiReportを追い越す勢い

盛況に終わった前回キャンプからはや2ヶ月。Demopit参加社から様々なフィードバックを頂きましたが、概ね何らかのお土産(もちろん大小あり)を手にすることができたようです。

パートナー、出資話、次のリリースの計画など、野戦キャンプと化した会場のあちらこちらで様々な会話が生まれ、スタートアップのみんなにとってこのキャンプがどういう意味を持つのか、TechCrunch Japanでは改めてその意義と方向性を見出すことができました。

DSC_0264

私たちがやるべきことは次のキャンプ場を用意し、集まるスタートアップのローンチ、リニューアル、コミュニケーションをサポートすることです。

Demopitに参加したいスタートアップは是非コンタクトください。募集のフォームはこちらです。

応募のタイミングが遅く駆け込みでコンタクトをくれた方が多数いました。中には大変すばらしいサービスも含まれていて、TC本家にリリースを届けることが出来なかったことが本当に残念。

応募してくれたスタートアップには必ず会いにいきます。最低限の条件はあるけれど、ものづくりの熱意があれば第一段階のハードルはクリア。そもそもそれがなければやってくる読者に一発で見抜かれます。

次のキャンプは2月26日。会場はKDDIウェブコミュニケーションズ株式会社に提供してもらうことが出来ました。集まるスタートアップの数次第で準備したいと思っています。ただ今回からは私たちだけでこの場所を用意せず、一緒に協力してくれるスポンサーを積極的に募ります。前回のキャンプで私たちの準備には反省すべき点(本家同様Wifiまわりなど)が多々ありました。キャンプなのだから華美にするつもりはさらさらないけれど、(それだったらもう一回場所を増やす)少なくともスタートアップのみんなが伝えたいことをキチンと伝えられる場所は用意したいのです。その為にも協力が必要不可欠なのです。

スポンサーとして計画を知りたい方、日本、アジアのスタートアップを応援したい方はこちらから是非コンタクトください。

では、既に参加してくれた方も、これから参加する方も、この場所が少しでもみなさんの役に立つことを信じて待ってます!