Lawrence Lessig
book settlement

ローレンス・レッシグ曰く、Google Books和解は「狂気への道」

次の記事

Adobe:FlashアプリをiPadで動作させます。いずれフルスクリーンで

何百万冊というみなし子本の内容をデジタル化するという、Google Bookと著者協会との和解に声高に反対することが最もありそうにない人物といえば、ハーバード大学法科教授でフリーカルチャー支持者であるローレンス・レッシグ。The New Republic誌に書いた長文のエッセイの中で、レッシグはこの和解について、「狂気への道」であり「文化を窒息させる」ものであると指摘している。ただし、みんなが考えるような理由ではない。

レッシグは、主たる問題は和解自体や、Googleではなく、著作権法に関わるものだと信じている。そして、165ページにわたる和解案の難解な文面を見た後、彼はかつてないほどに、著作権法をインターネット時代に沿ってオーバーホールする必要があるという確信を得た(彼が以前にも掲げたテーマである)。問題の要点を以下に挙げる。

この契約は、ページ単位さらには文単位でコントロールすることが可能な世界を構築するものである。そこは、出版された一語一語を残らずライセンスできる世界である。これは、原子力についての古いスローガンの反対である、「残らず測る、測るのは安いから」。知識へのアクセスを、映画やお菓子屋や野球場へのアクセスと同じように売り始めるのである。われわれが作っているのはデジタル図書館ではなく、デジタル書店、スターバックスのないBarnes & Nobleだ。

書籍がさまざまな部分に分けてライセンスできるようになることで、現在映画で起きているのと同じ問題に遭遇することを、レッシグは恐れている。ドキュメンタリーフィルムを例に挙げ、あらゆる楽曲や保存映像クリップの権利を再取得する必要があるために、デジタル化がほほ不可能になっていることを指摘している。これは、映画の時代になる以前のライセンス形態の遺物である。一つの作品を構成する要素ごとに個別の著作権が永久に与えられているため、後にデジタル化したり、共有の文化の一つとして配布することが困難になっている。今日まで、書籍は殆どの場合単一の作品として扱われていたのだ。

しかし、Google Booksの和解案の表現は、書籍を構成要素に分けることを示唆するものだ。その結果、レッシグがやったように、病院の待合室でわが子のどこが悪いのかを調べようと、iPhone上の医学書を読んでいると、重要な図表が抜けていて、それはライセンスが異なるためである、といったことが起きる。彼はこう語る。

リアルな図書館、リアルな世界でのアクセスは、ページ(あるいはページ内の画像)単位では勘定されない。アクセスは書籍(または雑誌、CD、DVD)のレベルで勘定される。

レッシグは、Googleの和解案がそれほど悪いとは考えていない。むしろ、保護されている作品についてもその20%を無料でアクセス可能にすることについて、Googleに一定の賛意を表している(Googleは和解案が、著者や一般の人たちにとって好条件であることを強く主張していて、 変更は最小限にしたいと考えている。)レッシグがこう書いている。

この和解には賞賛すべき部分がたくさんある。裁判は高くつくし不確定要素が大きい。解決までには何年もかかる。Googleは、フリーなコンテンツに対する「フェアユース」が与える以上にフリーなアクセスを、一般人に対して保証するものだ。20%は、抜粋よりもいいし、著者に金が流れるシステムは、そうでないシステムよりずっと歓迎されるだろう。

しかしこれは、デジタル著作権の扱い方に関して悪しき前例を作ることになる。そのような権利は、これまでもそうしてきたように、それをアクセスして文化を伝える権利とバランスを保つ必要がある。レッシグは、この和解を狂気への道と呼ぶ。それは、われわれの文化の消費が「法的に規制された事象」となる第一歩になることを恐れているからだ。

レポートを書くためにわが子を図書館に行かせる時、読みたい本の20%しか使えないのは嫌だろう。本全体を読めなくては困る。読むためにお金を払いたいと思う本しか読まないのも困る。子どもには拾い読みもしてほしいはずだ。何かを探究し、想像し、質問する。ちょうど、GoogleやWikipediaを使って質問するように。われわれには、膨大な文化的生活が普及し、殆どの人が著作権弁護士を呼ばなくても共有できた文化があったのである。

われわれは、その過去を今まさに変えようとしている、劇的に。そしてその変化の根拠は、著作権法の仕組みによる偶然の産物、即ちコピーの規制だ。現実世界でこの仕組みが意味するのは、著作権物で可能な利用方法のうちのわずかな部分を規制するものだった。ところがデジタル世界では、法がすべてを規制することを意味するのである。デジタル空間では、創作物のあらゆる利用においてコピーが作られる。即ち、法律家の主張は、いかなる利用においても、何らかのライセンスが必要である、ということになる。インデックスを作るために本をスキャンすること — Google Bookの件で中心となる活動 — さえも、著作権法の引き金を引く。なぜなら、スキャンすることがコピーを作ることだからだ。

そしてこれが意味するところ、あるいは私が恐れているのは、今われわれが、本をドキュメンタリー映画に変えようとしていることだ。本の利用についてわれわれが目録んでいる法的仕組みは、現在映画を利用するための法的仕組みより、さらに複雑だ。もっと簡単に言えば、われわれは今、文化的生活のすべてを、法に規制される事象にしようとしているのである。弁護士やライセンスが必要になることが増え、人気作品にまで規制の負担がかかることは間違いない。さらに言えば、われわれは最悪の文化的失敗を犯そうとしているのである。

複製を規制することは、デジタル世界では意味をなさない。あらゆるコンテンツがビットから成っていて、そのビットを利用したり共有したりするためには、コピーが必須だからだ。誰もが文化を保存し使うことのできる図書館や古本屋に相当するものは、デジタル世界には存在しない。Google Book調停には、図書館と学術界に関する特別条項があるが、レッシグは、「私企業(および準独占徴収団体)が供与する特別な好意」に依存することを警戒している。それよりも、もっと過激かつ遠大なことを彼は提案する。著作権法を完全に解体し、所有者が所有物を登録することを義務化して(著作権保有者を見つけて利用許可を得ることが容易になる)、構成要素別ではなく作品全体を保護対象とするものだ。

「一たび作品が出来あがったら、そこにはわれわれの文化の中における独自の権利があることを認識する必要がある」とレッシグは言う。映画の中の楽曲や、本の挿し絵の利用が一たび許可されたなら、一定期間(レッシグは14年を提案)が過ぎた後は、個別部分の権利保有者は「全体を制御」することはできなくなるべきである。そして、登録に関しては、私企業による運営、ちょうど現在のインターネットドメインの登録のようなものを推奨しており、但し登録に関するルールは法で規制する。登録するかどうかは著作権保有者の自由であり、しなければ、その作品はパブリックドメインになる。

以上、きわめて理にかなった提案であり、私には著作権ロビイストが激しく反対するという確信がある。しかし、これは起きるべき議論あり、レッシグは良い出発点を作ってくれた。あなたは、デジタル時代の著作権法をどう変えたいだろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)