apple ipad
adobe flash
Adobe

Adobe:FlashアプリをiPadで動作させます。いずれフルスクリーンで

次の記事

[CG]iPadとKindleのスペックを比較する

Appleがそのピカピカの真新しいiPadで、Flashをサポートしないことについて ― まったく、クパティーノはどこまでこのプラットホームが嫌いなのか ― 失望が集まる一方で、Adobeが早くも公式Flashプラットホームブログで、このニュースに反応した。

そのブログ記事は、「FlashでiPadアプリケーションを作る方法」という曖昧なタイトルが付けられているが、内容は主として同社のPackager for iPhoneを人々に再認識させるため。代替手段によってiPhone/iPod Touchで動作するFlashアプリを作ることができるというもので、Creative Suite 5(CS5)を使ってFlashアプリを簡単にiPhoneアプリに変換できる。

以前本誌は、これで2010年は、200万人のFlashデベロッパーたちが一斉に、iPhone用アプリを即席で作れる年になるかもしれないと報じた。これにiPadが追加された、ということのようだ。

Adobe社のメッセージ:

当社はMAX 2009でPackager for iPhoneを発表した。これはFlashデベロッパーがiPhoneネイティブアプリを作れるもので、近々提供されるFlash Pro CS5バージョンで利用できる。このテクノロジーによって、デベロッパーはiPhone、iPod touch、およびiPadのアプリケーションを開発できるようになる(ただし、当初はiPadの新しい画面解像度をアプリケーションが直接活用することはできない)。当社として、Flashデベロッパーの方々が、iPadで大きくなった画面サイズと解像度を生かすことのできるアプリケーションを開発できるようにする意向である。

後半部分について、AIRチームのプロダクトマネージャーでアプリケーション開発者のChristian Cantrellが書いたこの記事を参照している。そこには、デベロッパーがFlashを使って複数の画面サイズと解像度を前提にアプリを開発する方法が詳しく書かれている。

例えばHuluをiPhoneやiPadのブラウザーで立ち上げる、というのはすぐにはできないだろうが、Adobeは、FlashがApple製品群にも居場所があるということを、何とかして世に示そうと決意したようだ。

同時にこれは、Flashデベロッパーに対して、App Storeゴールドラッシュに走らなくても、このプラットホームを使い続けることが可能であり、そうすべきであるということを伝えるメッセージでもある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)