Google Labs、Gmail作成窓に「Google検索」アイコンを追加

次の記事

[CG]CrunchGearからCNNにiPadの記事を寄稿

イスラエルのブロガー、Orli YakuelはGoogleの無料ウェブメールサービス、Gmailの「メールを作成」窓に新たなアイコンが付け加えられているのを発見した。このアイコンは任意のGoogle検索を実行してその結果のタイトルとURLをメール本文やチャットの会話内に挿入する機能を持っている。

GmailへのGoogle検索の統合自体はGoogle LabsによってGoogle検索として2009年4月からオプションとして導入されていた。

当初この機能は左サイドバーに設けられた「Google検索」ボックスで提供されていた。検索ボックスは今回新たに加えられたアイコンとほぼ同様の機能だったが、左サイドバーではあまり目立たず、使い勝手はいまいちだった。今回は「メールを作成」:窓のトップのツールバーにアイコンとして検索機能が実装された。このツールバーには従来からフォントのサイズや色を変えたりリンクを挿入したりするボタンが並んでいる。

検索アイコンがいつ追加されたのかはよく分からない。Gmailブログを検索してみたが関連あるエントリーは発見できなかった。いずれにせよ、われわれがこれに気づいたのは今日が初めてだ。

アイコンをクリックすると右下隅に検索ボックスがオープンし、通常どおりのGoogle検索ができる。小さい矢印をクリックすると検索結果のペースト、URLのペースト、メールで送信という簡単なメニューが現れる(すでに新しいメールの作成窓を開いているのだから最後の項目はムダだろう)。 ユーザーがGmailのチャット窓を開いている場合には、検索結果をチャットで送信するオプションも表示される。

驚天動地の新機能でないことは言うまでもないが、Gmailユーザーは(もしまだなら)「設定」からLabsタブを開いて「Google検索」機能を有効にしておくことを勧める。大いに時間の節約になるはずだ。

〔日本版:現在日本語版GmailではGoogle検索窓の矢印アイコンをクリックしても、ポップアウトするだけでURLなどのペーストメニューは表示されないようだ。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01