eBayでは、Twitterフォロワーの値段が1人1セント以下

次の記事

サービス開始から2年、Howcastが配信するハウツービデオの本数は月間2500万本

かつてTwitterのフォロワーには何らかの価値があった、少なくとも価値があるとみんな思っていた。同じことだが。わずか1年前、Jason Calacanisが、Twitterのお薦めユーザーリストの場所を$250,000で買うと言っていた。もし手に入れば、彼にとって100万人のフォワーが約束されるはずだったが、後にTwitterはお薦めリストを改訂して、魅力が半減してしまった。Calacanisがリストに載ることはなかったが、買っていればフォロワー1人あたり$0.25になる計算だ。

今日、eBayでは、フォロワーを1人1セント以下で「買う」ことができる。「Buy-It-Now」のリストには、5000フォロワーを$20(0.4セント/人)、5500人を$40(0.7セント/人)、1100人を$10(0.9セント/人)などの掲示がみられる。直接フォロワーを買えるわけではなく(Twitterはフォロワーの移動を許していない)、約束した数のフォロワーを「証明済みの安全な方法」で集めてることを「保証」しているサービスを買う。サービスによっては相互フォロワー(フォローを返したフォロワー)のみを数えるところもある。

どうやっているのか? もちろんロボットが自動的にやる。しかし、私が人づてに聞いたところでは、中国の安い労働力を使ってTwitterフォロワー農場を作っているという話もある(World of Warcraftなどのオンラインゲームで流行った金鉱発掘農場と似ている)。中国のオンライン労働者たちが数千というTwitterアカウントを作成し、それを使って他のアカウントをフォローする。そう、この無価値なサービスに対して実際金を払っている人たちがいるのだ。しかし、この種のフォロワーの価値がないという事実は、Twitterフォロワーの価格が1年前の25セント/人から、1セント以下に急落したことが示している。

それでは、多くの人たちが思うようにTwitterのフォロワーには何の価値もないなだろうか。私は、本当のフォロワーとニセフォロワーを区別し(Twitterが、認定フォロワーサービスを始めるかもしれない)、そのフォロワーのアクセス頻度を考慮に入れるべきだと思う。たくさんリツイートしているのか、会話に参加しているのか、まったくログインしていないのか。フォロワー数を見てもそれはわからない。ウェブサイトの訪門者の価値が同じでないように、Twitterフォロワーも同じではない。そして、本当のフォロワーを買うことはできない。むこうからやってくるものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)