Facebook、ユニーク訪問者数でいよいよYahooを射程にとらえる(ComScoreのPVではすでに追い越し)

次の記事

Windows 7の需要に引っ張られたマイクロソフト、四半期成績はアナリストの予測を上回る

Facebookはすでにしばらく前からYahooにとって代わって世界第3位のウェブサイトになる可能性をみせていた(Googleが1位、Microsoftが2位、)。昨夏、FacebookはAOLを押しのけて世界第4位となった。しかしcomScoreの統計によると、第3位のサイト、Yahooとの間にはユニーク訪問者の数で2億4100万の差があった。2009年12月になるとその差は1億2500万まで縮まった(この月にアメリカ国内でFacebookはAOLを抜いて第4 位となっている)。

2009年12月のFacebookのユニーク訪問者は4億6900万人、前月からなんと3100万も増えていた。たったひと月でFacebookはYahooの1年分の新訪問者を集めたことになる。この1ヶ月分の増加数はDiggの全員、あるいはTwitter.comの半数の訪問者に等しい。その間、Yahooは11月に比べて12月は訪問者を700万も減らし、2009年末を5億9400万の訪問者でしめくくることになった。一方、アメリカではYahooはGoogleに次いで安定した2位だ(12月のユニーク訪問者は1億6100万。Googleは1億7300万、Microsoftは1億3800万、Facebookは1億1200万となっている)。

comScoreの統計はFacebookが発表した3億5千万の登録メンバーの半数が毎日サイトを訪問しているという数字とは異なる。comScoreでは、トータルの訪問者数は発表され登録ユーザー数から推計されるよりもはるかに大きいとみている(Facebookメンバーが一般に公開しているページを見るにはユーザー登録の必要がない)。いずれにせよこうした数字は推計されたものだ。また、FacebookConnectを通じてログインする月6千万ものユーザーがカウントされていないことにも注意する必要がある。

昨年1年だFacebookは新たに2億5千万のユニーク訪問者を獲得した。2010年にこれを繰り返すのはさすがに難しいだろうが、仮にユニーク訪問者の伸びが昨年の半分(1億2500万)でYahooが頭打ちのままだとすると、Facebookが今年中にYahooを追い越すことは可能だ。つまり、株式上場を待たずに世界第3位のサイトが誕生するかもしれない。Microsoft (2位)、Google(1位)を抜くにはまだ時間がかかるだろう。12月の世界全体のユニーク訪問者は、Microsoft、7億2700万(8千万のアップ)、Google、8億9900万(1億2300万のアップ)だった。

別の数字からはFacebookはすでにYahooとMicrosoftを抜いている。12月のページビューでは141%アップの1930PV、Yahooの1000億PV(2%ダウン)Microsoftの1090億PV(54%)のほとんど2倍だ。Googleは2740億PV(35%アップ)で依然ページビューでも1位の座を守っている。Yahooはすでに以前の活気を失っている。MicrosoftとGoogleはサイズに見合った成長を続けている。しかしFacebookがページビューでGoogleに追いつくことを想像するのはそう困難ではない(下のグラフ参照)。FacebookはYahooを総滞在時間(1億1600万分対1億10万分)でも、月平均1ユーザーあたり滞在時間(247分対170分)でも上回っている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01