Google Chrome OSタブレットの写真がChromiumのオフィシャルサイトに登場

次の記事

Appleはこうしてハードウェアのイノベーションを殺す

先週世界は、Appleの待望のタブレット機iPadを初めて見た。その余韻が収まるころには、いくつかのことが明らかになった: それは一部の人たちにとってはグレートだが、(少なくとも最初のバージョンの)柔軟性が欠けているようなところが、不満を抱(いだ)かせた。そして、そのために、GoogleのChrome OSに対する期待感も大きくなった。Chrome OSは必ず、iPadと正面衝突するだろう。そして今夜(米国時間2/1)、Chrome OSを乗せたタブレット機の、なかなかよくできたモックアップの写真を見ることができた。

これらの写真は、Chromiumの公式サイトに投稿された(ChromiumはChromeおよびChromeOSと並行するオープンソースプロジェクトだ)。ChromiumはGoogleに属していないが、このモックアップを作ったのはGoogleのChrome担当デザイナーGlen Murphyらしい。つまり、本物のChrome OSタブレットも、これに近いと考えてよいだろう。

アップデート: このコンセプトビデオもぜひ見ていただきたい。

なお、いろんなメーカーがそれぞれ独自のChrome OS搭載機を作るわけだから、そのタブレットタイプも一種類ではない。しかし、Google自身も数社のハードウェアメーカーと組んで、Google独自の仕様のデバイスを作らせている。だから、Nexus Oneが”Google Phone”であるのと似たような意味で、”Google Tablet”と呼びうるタブレット機がたぶん登場するだろう。

出典: TheChromeSource.






[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))