Aardvark、Googleの買収後も従来通りサービスを提供中(Google Labsにも登録済)

次の記事

TechCrunch、トラフィック年次報告―少々遅ればせながら

先日、Googleが$50M(5000万ドル)でソーシャル検索エンジンのAardvarkを買収することになったという記事を掲載した。記事掲載の時点でAardvarkは買収が事実である旨は認めていたが、詳細については言及がなかった。その後GoogleおよびAardvarkはともに公式ブログにて、両者の今後の展開などの詳細についての発表を行った。

発表によれば、両者の今後の展開については、Googleがこれまでに買収したケースとはことなる道を辿ることになりそうだ。つまり従来は、買収後まずサービスの提供を停止したり、新規ユーザ登録を制限していた。しかし今回のAardvarkについては全面的にサービスの提供を継続する模様だ。新規登録も可能で、既にGoogle Labsのひとつとして掲載されている(但しGoogle検索との統合がなされているわけではなく、単にVark.comへのリンクが張られているだけだ)。

今回の買収によってGoogleがAardvarkを支える形となり、Aardvarkはより迅速に行動できるようになると同社ブログのQ&Aに記載されている(Googleからも数名、Aardvarkチームに参加するようだ)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)