ニュース
TechCrunch

TechCrunch、トラフィック年次報告―少々遅ればせながら

次の記事

テレコム大手揃い踏みのACSプラットフォームを検証する―「夢の共通開発環境」という触れ込みだが?

われわれTechCrunchの人間はデータが好きだ。2009年のわれわれのトラフィックを調べてみたので、少々遅ればせ気味ではあるが、読者に公開することにする。

Google Analyticsによると、2009年中のTechCrunch傘下の諸ドメインに対するユニーク訪問者総数は69,482,978〔6900万〕だった。この数字は2008年の4500万から55%のアップだ。対応するページビューは228,202,753〔2億2800万〕、こちらも2008年の1億2千万から90%のアップとなった。

グループの中ではTechCrunchが最大のサイトで、以下、CrunchGearCrunchBaseMobileCrunchTechCrunchITの順で続く。

トラフィックの誘導元としてGoogle検索が依然として最大であるものの、シェアは2008年の37.3%から2009年の29.6%にやや低下した。直接の訪問が2位で、2009年は24%(2008年は25.3%)。Diggからのトラフィックは減った(2008年の5.3%から2009年は5.1%へ)、 Reader等、Googleの検索以外のサイト(2008年の4.2%から2009年の3.18%へ)。Twitterからのトラフィックは240%アップと急増(2008年の1.2%から2009年の2.9%へ)。その他2009年のトップ10にはFeedburner、TechMeme、Facebook、HackerNewsが入っている。

訪問者を国別に見ると、アメリカがもっとも多く、 続いてイギリス、カナダ、ドイツ、インド、オーストラリア、フランス、オランダ、スペイン、日本、イスラエル、スウェーデンの順になっている。

2010年のTechCrunch諸サイトへのトラフィックも急増傾向だ(昨年の同期にはユニーク訪問者1170万だった)。正確な統計ではないが、他のサイトでも今年に入ってトラフィックが急増しているという声を聞くことが多い。われわれはこの点についても詳しく調査してみるつもりだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01